散文のわだち

散文のわだち

太宰治『斜陽』あらすじを解説 太田静子がモデルの戦後文学

太宰治のおすすめ小説『斜陽』の内容を考察。戦後の日本で没落した貴族の若者が、かつての道徳と葛藤する物語です。移り変わりの激しい現代を生きる我々にも教訓になりうる名作です。
散文のわだち

森鴎外『青年』あらすじ解説 反自然主義文学の青春小説

森鴎外のおすすめ代表作『雁』の内容がすぐ分かる。『雁』と並ぶ、豊熟の時代の代表作。小説家を志す青年の物語。そこには自然主義文学に対するアンチテーゼが込められていた?
散文のわだち

森鴎外『雁』あらすじ解説 お玉の儚い恋物語

森鴎外のおすすめ代表作『雁』の内容がすぐ分かる。『青年』と並ぶ、豊熟の時代の代表作。アンチ自然主義文学の立場で描かれる、儚い恋の物語を徹底的の解説。
散文のわだち

夏目漱石『彼岸過迄』あらすじ解説 大病後の後期三部作

夏目漱石のおすすめ代表作『彼岸過迄』の内容がすぐ分かる。『行人』『こころ』に続く後期3部作の1作目。自意識の強い近代知識人の自意識を描いた恋愛物語。須永を取り巻く一族のしがらみと、母親のエゴを徹底考察。なぜ須永は千代子との結婚を拒絶したのか?
散文のわだち

太宰治『女生徒』あらすじ解説 ファンの日記が題材の思春期の葛藤

太宰治のおすすめ小説『女生徒』の内容がすぐ分かる。芥川賞で対立した川端康成が絶賛した代表作。ファンの少女・有明淑から送られてきた日記を題材に作り上げた作品。少女が抱える思春期の葛藤を徹底的に考察。
散文のわだち

村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』あらすじ解説 井戸・ねじまき鳥とは

村上春樹のおすすめ長編小説『ねじまき鳥クロニクル』の内容がすぐ分かる。井戸の底から通じる無意識の世界とは。複雑な物語を徹底的に考察。主人公は妻を救い出せたのか。ノモンハン事件の意味も考察。ねじまき鳥の正体と、鳴き声が伝えるメッセージとは?
散文のわだち

森鴎外『舞姫』あらすじ解説 教科書の代表作を現代語訳版で考察

森鴎外のおすすめ代表作『舞姫』の内容がすぐ分かる。ドイツ留学をした森鴎外の実体験を元に創作された、教科書に載る名著。エリスとの別れに隠された鴎外の葛藤を考察。現代語訳版も紹介。
散文のわだち

森鴎外『高瀬舟』あらすじ解説 教科書では教えない裏テーマ

森鴎外のおすすめ代表作『高瀬舟』の内容がすぐ分かる。 教科書に掲載される名作の道徳テーマの裏に隠された真実を考察。「安楽死」ではなく政治批判が本当のテーマだった!?
散文のわだち

遠藤周作『わたしが・棄てた・女』あらすじ解説 ハンセン病と神の試練

遠藤周作のおすすめ代表作『わたしが・棄てた・女』の内容がすぐ分かる。純文学系に対する中間小説の代表作。ハンセン病を診断された少女の生涯を通して、真実の愛の意味が問われる。神はなぜ残酷な試練を与えるのか、その理由を徹底的に考察!
散文のわだち

夏目漱石『吾輩は猫である』あらすじ解説 挫折多きデビュー作

夏目漱石のおすすめ代表作『吾輩は猫である』の内容がすぐ分かる。夏目漱石のデビュー作は最も挫折の多い文学? 猫目線で人間社会を徹底的に非難する物語には、どんな意味が込められているのか。夏目漱石が伝えたかったことを徹底的に考察!
タイトルとURLをコピーしました