散文のわだち

散文のわだち

遠藤周作『わたしが・棄てた・女』あらすじ解説 ハンセン病と神の試練

遠藤周作のおすすめ代表作『わたしが・棄てた・女』の内容がすぐ分かる。純文学系に対する中間小説の代表作。ハンセン病を診断された少女の生涯を通して、真実の愛の意味が問われる。神はなぜ残酷な試練を与えるのか、その理由を徹底的に考察!
散文のわだち

夏目漱石『吾輩は猫である』あらすじ解説 挫折多きデビュー作

夏目漱石のおすすめ代表作『吾輩は猫である』の内容がすぐ分かる。夏目漱石のデビュー作は最も挫折の多い文学? 猫目線で人間社会を徹底的に非難する物語には、どんな意味が込められているのか。夏目漱石が伝えたかったことを徹底的に考察!
散文のわだち

芥川龍之介『歯車』あらすじ解説 自殺前の心境を綴った作品

芥川龍之介のおすすめ代表作『歯車』の内容がすぐ分かる。自殺前に執筆された晩年の最高傑作です。芥川龍之介がなぜ自殺したのか、その真相は本作『歯車』に記されています。ギリギリの精神状態の物語を徹底考察!
散文のわだち

夏目漱石『草枕』あらすじ解説 冒頭の意味と伝えたいこと考察

夏目漱石のおすすめ小説『草枕』の内容がすぐ分かる。『吾輩は猫である』と並ぶ初期の代表作。「智に働けば角かどが立つ。情に棹さおさせば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角とかくに人の世は住みにくい」の意味を解説。主人公が求める「非人情」とは。作中の芸術論を徹底的に考察!
散文のわだち

魯迅『阿Q正伝』あらすじ解説 著者が伝えたいことは民衆批判?

魯迅のおすすめ小説『阿Q正伝』の内容がすぐ分かる。最下層の生活を送る阿Qは、無知・無自覚である故に自らの人生を残酷な結果に招いてしまいます。日露戦争直後の、列国に支配され続けていた中国人の無自覚な精神を痛烈に批判した、魯迅の最高傑作。
散文のわだち

夏目漱石『門』あらすじ解説 「三四郎」「それから」前期三部作の最終章

夏目漱石のおすすめ小説『門』の内容がすぐ分かる。「三四郎」「それから」に続く前期三部作の最終章。「それから」で描かれた、略奪婚を決心した主人公にはいかなる運命が待ち受けていたのか。宗教に救いを求めた主人公の前に立ちはだかる「門」の正体とは?
散文のわだち

田山花袋『蒲団』あらすじ解説 自伝的小説と自然主義文学

田山花袋の代表作『蒲団』のあらすじがすぐ分かる。作者自身の性欲の葛藤を描いた自然主義文学の最高傑作。なぜ主人公は女学生の蒲団の匂いを嗅いだのか。変態的な物語の意味を文学的に徹底解説!
アメリカ文学

ヘミングウェイ『日はまた昇る』あらすじ解説 失われた世代の文学

ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』のあらすじがすぐわかる!『老人と海』で有名なヘミングウェイの初期の代表作品。ロストジェネレーションとは何のか?タイトルに込められた意味とは?
散文のわだち

太宰治『パンドラの匣』あらすじ解説 タイトルの意味とは

太宰治のおすすめ代表小説『パンドラの匣』のあらすじ内容がすぐ分かる。敗戦後の日本人の不安と希望を描いた、太宰治中期の傑作。タイトルに込められた意味や、「新しい男」について徹底的に考察。
散文のわだち

太宰治『正義と微笑』あらすじ解説 希望に満ちた青春長編小説

太宰治のおすすめ代表小説『正義と微笑』のあらすじ内容がすぐ分かる。太宰文学には珍しい希望に満ちた青春小説。タイトルに込められた聖書の引用を徹底的に考察!
タイトルとURLをコピーしました