太宰治の『桜桃』あらすじ考察 自殺前の心境、子供に対する想い

桜桃 散文のわだち
スポンサーリンク

太宰治の小説『桜桃』と言えば、最後に執筆された短編作品です。

未完の遺作として『グッド・バイ』が有名ですが、死の直前になんとか完成させた長編が『人間失格』、短編が『桜桃』だったのです。

果たして死の直前の短編には、太宰治のいかなる心情が表現されているのでしょうか。

スポンサーリンク

『桜桃』の作品概要

作者太宰治
発表時期1948年(昭和23年)
ジャンル短編小説、随筆
テーマ親と子、家庭における苦悩

『桜桃』の簡単なあらすじ

子供より親が大事だと思いたい、主人公はそう考えています。彼は家庭内において、いわゆる道化を演じており、夫婦喧嘩などは一度も経験したことがありませんでした。

ところが子育てに関する問題において、初めて夫婦は一触即発の気まずい雰囲気になります。長男に白痴・啞の疑いがあり、夫婦は口に出さないだけで辛い思いを抱えていたのです。主人公は作家の仕事と内に患った苦悩のために、子供の世話を放棄しており、罪悪感を抱えています。それでも一触即発の雰囲気に耐えかねた主人公は、ついに家を飛び出して外に飲みに行ってしまいます。

お店で出された桜桃を主人公は不味そうに食べては種を吐き出し、子供より親が大事、と心の中で虚勢のように呟くのでした。

『桜桃』の個人的考察

「子供より親が大事」の捻れた感情

冒頭も最後の一文も「子供より親が大事」という印象的な文章が記されています。

主人公ひいては太宰治はなんて酷い親なんだ、と率直に感じた人もいるかもしれません。しかし、この言葉には太宰の複雑に拗れた感情が含まれているように思います。

非常に面白いのが、いずれも言い切りの形ではないという点です。冒頭では、「子供より親が大事」の後に「と思いたい」という曖昧な言葉が付け加えられます。最後の一文に関しても、心の中で虚勢みたいに呟いているわけです。

つまり、太宰治は決して子供よりも自分の方が大事だと考えていたわけではなく、むしろ子供を大切に思っているのですが、「子供より親が大事」と思いたがっている部分が自分の中に実際に存在することを表現していたのでしょう。

ここが非常に太宰治らしい、読者に裏を読ませる捻れた言い回しだと感じます。

親は自分よりも子供を大事に思うものだ、という一般論に対して殆ど異論はないにしても、完全にそうは言い切れない、つまり「子供より親が大事」だと思いたがっている自分がいることに矛盾が生じ、苦悩しているわけですね。それが結局後ろめたさになり、自己嫌悪へと変わっていくのでしょう。

「桜桃」が象徴するものとは?

しかし、父は、大皿に盛られた桜桃を、極めてまずそうに食べては種を吐き、食べては種を吐き、食べては種を吐き、そうして心の中で虚勢みたいに呟く言葉は、子供よりも親が大事。

『桜桃/太宰治』

タイトルにも使用され、作中でも印象的な描写によって用いられる「桜桃」は、一体何を象徴しているのでしょうか?

桜桃はさくらんぼのことですが、実の部分を食べて種を吐き出す描写が繰り返し綴られます。

この「実と種」の関係性は、「親と子」を象徴しているように感じられます。つまり親だけを食べて子供は吐き出してしまう行動を「子供より親が大事」という心情と重ね合わせているのだと思います。

ところが不味そうに食べるという表現に違和感を抱きます。なぜなら太宰治の死体が発見された日、かつ誕生日でもある6月19日 が「桜桃忌」と呼ばれるほど、太宰治は桜桃が大の好物だったからです。

大好きな桜桃を不味そうに食べる、それは前述した子供より親が大事、と思いたい」という拗れた表現の通りでしょう。つまり実(親)だけを美味しそうに食べて、種(子供)を吐き出す行為に後ろめたさがあったので、わざと不味そうに食べていたのだと思います。

あるいは、子供は桜桃のような贅沢な食事をしたことがないと記されており、自分だけが贅沢をする後ろめたさもあったのかもしれません。

このように「桜桃」は、子供の方が大事とも親の方が大事とも言い切れない、矛盾した太宰治の心情を象徴していたのでしょう。

ダウン症の長男の存在

作中では四歳の長男が白痴・啞である可能性を記していました。その悲惨な境遇から、長男を抱いたまま川に飛び込んで死んでしまいたい、とかなりえげつない心情が語られています。

太宰治には3人の子供がいて、実際に長男はダウン症だったようです。一説では、このダウン症の長男の存在が太宰治の自殺の動機のひとつになったとも言われています。

当時は今ほどダウン症に対する世間の理解がなく、夫婦二人だけで苦悩や不安を抱えていたのでしょう。口に出すとあまりに惨めなので黙っているだけだ、という心情が作中で綴られますが、まさに周囲にも打ち明けられない閉塞した様子が想像できます。

本作は夫婦喧嘩の物語だと太宰治自身が記していますが、これまで一度も言い合いをしたこのとない夫婦が、子育てに関して一触即発、気まずい雰囲気になったのは、長男の存在が大きく関係しているのでしょう。もちろん、ダウン症であれ夫婦の意思で生まれた子供ですから、それを憐む行為ほど罪深いことはありませんが、それでも太宰治は苦心していたのでしょう。

そう考えると、「子供より親が大事、と思いたい」という言葉のニュアンスも変わってくるように思います。いっそのことそんな風に思たらどんなに楽だろうか、と考える自身の罪深さを咎め、アルコールに浸水していく男の姿が描かれていたのかもしれません。

ちなみに実際の太宰治の長男は、15歳の頃には簡単な意思表示をしたり、わずかながら文字を書けるようになっていたみたいですが、肺炎によって16歳でこの世を去りました。無論、太宰治はとっくに死んでいるので、そんな事実を知る由もありませんが。

冒頭の引用の意味

われ、山にむかいて、目を挙ぐ
ーー詩篇、第百二十一

『旧約聖書』

冒頭に引用を記すのは、太宰治がよく用いる手法ですが、本作の引用は旧約聖書の言葉です。

上記の引用には「わが助け何処より来たらん」という文章が続きます。要約すると、「私は山に向かって目を上げる。私の助けは何処から来るのだろうか」という意味になります。

物語の序盤では、「涙の谷」という妻の言葉に主人公が敏感に反応したことで、夫婦喧嘩の一触即発な雰囲気が生まれました。

「山」と「谷」は対照的であり、夫婦が正反対の方向を見ている様子が見て取れます。つまり、旧約聖書の1節は引用したのは、夫婦喧嘩を象徴的に表現するためだったのでしょう。

また、「私の助けは何処からくるのだろうか」という後続の言葉が表すように、太宰治は自らの境遇に救いを求めていたことが判ります。

実はこの旧約聖書の言葉には、「私の助けは来る」という希望的な文章がさらに続きます。ところが、人生にそびえる険しい山々を前に、太宰治は「助けが来る」ことを信じられず、入水自殺を図ったのかもしれません。

代表作『人間失格』を映像で楽しむ

太宰治の代表作『人間失格』は約10年に1度のペースで必ず映像作品化等が為されます。いつの時代も人々が必要とする主題が描かれているからでしょう。

原作の物語に忠実な映像作品であれば、生田斗真主演の『人間失格』がおすすめです。

太宰治の女性関係に特化した映像作品であれば、小栗旬主演の『人間失格 太宰治と3人の女たち』がおすすめです。

執筆のための恋愛という、芸術至上主義的な設定で描かれています。坂口安吾、三島由紀夫、あるいは情死相手の山崎富栄のメンヘラ具合などキャラクターが粒立っているので、文学ファンなら必見です。

ダウン症児が出演するなど、太宰治に対する細かいリスペクトも感じられる作品なので、是非ご覧ください。

現在Amazonプライムに加入すれば、30日間は月額料金が発生せずに上記の作品を観賞することが出来ますので、下記リンクから太宰治の映像作品の世界を堪能してください!

短編小説の映像作品がおすすめ!

Amazonプライムでは、太宰治の短編小説を映像化した作品も視聴できます。

満島ひかり、森山未來など個性的な俳優陣が太宰治の世界観を演じきっています。実写だけではなくアニメやCGなど様々な手法で、代表的な短編小説が楽しめます。個人的に非常に面白かったのでおすすめです。

『女生徒』『きりぎりす』『走れメロス』など代表作が多く収録されています!

電子書籍での読書がおすすめ!

太宰治の作品を読むなら、電子書籍「Kindle」がおすすめです。

「Kindle Unlimited」を登録すれば、多くの書籍が読み放題です。今なら30日間無料です!
是非、お得に読書してください!

当ブログの筆者は元々アンチ電子書籍でした。しかし紙の本より価格が安く、場所を取らず持ち運びが便利で、紙媒体と大差ない視覚感で読むことが出来る「Kindle」は、思わず買ってしまいました・・・

今ではもう手放せない状態です。

「Kindle」の魅力については下の記事にて紹介していますので、アンチ電子書籍の人は騙されたと思って読んでみてください。

以上、太宰治の『桜桃』のあらすじ考察を終了します。

長い間お付き合いありがとうございました。この文章が気に入った方は、是非シェアをお願いいたします。




コメント

タイトルとURLをコピーしました