値段メリット比較!おすすめ電子書籍サービス 無料お試しあり kindle以外も紹介!

電子書籍サービス
book

電子書籍って結局どのサービスがいいの?

本記事では、電子書籍で便利に読書がしたい人向けに、各サービスの特徴を紹介比較し、お悩み解決します!

▼各サービスを比較する上で重要なポイント

  • 読みたい本のジャンル
    (小説? ビジネス書? 雑誌? 漫画?)
  • 重視する点
    (作品数? サブスク? ポイント還元?)
  • 各サービスの特徴
    (読み放題あり? 新規会員特典は?)

各サービスの比較

気になるサービス名をクリックすると、説明欄にスライドします。

サービス名書籍数主ジャンル特徴こんな人におすすめ
Kindle
(Amazon)
700万冊ビジネス書
小説
読み放題プランあり
・圧倒的に機能充実
王道充実を求める人
楽天Kobo400万冊小説
マンガ
・楽天ポイントが貯まる楽天ユーザー
U-NEXT80万冊小説
マンガ
・動画見放題と併用
・毎月1200ポイント付与
→書籍が購入できる
動画も観たい人
BOOK☆WALKER
(KADOKAWA)
92万冊ラノベ
小説
読み放題プランあり
・角川作品が豊富
特にラノベが好きな人
ebookjapan
(Yahoo!JAPAN)
85万冊マンガ・PayPay還元が豊富
・群を抜いてキャンペーンが多い
ソフトバンク・ワイモバイルユーザー
BookLive!57万冊マンガ
雑誌
・毎日クーポンあり
・Tポイントが貯まる
Tポイントカードユーザー
honto70万冊小説
ビジネス書
・書店でポイントが使える
・セールが豊富
紙の本も買う人
コミックシーモア87万冊マンガ
小説
読み放題プランあり
・アダルト小説あり
お得にマンガを読みたい人

①Kindleストアの特徴

作品数ナンバーワンAmazonの電子書籍

kindle

業界ナンバーワンのサービス

電子書籍サービスに迷ったら、とりあえずAmazon kindleがおすすめ!

作品数1位、その数なんと700万冊以上!

▼しかも幅広いジャンルを網羅

・小説
・ビジネス書
・自己啓発本
・雑誌
・マンガ
・専門書

しかも「kindle unlimited」に加入すれば、200万冊以上が読み放題!

今なら月額980円が30日間無料!

②楽天koboの特徴

楽天ユーザーに嬉しいサービス

楽天ポイントが貯まりやすい!

Kindleに次いで2位の作品数を誇る国内最大級のサービス。

その数なんと400万冊以上

何より最大の利点は、楽天ポイントが貯まることです。

現在、楽天カード、楽天ペイ、楽天銀行、楽天市場、楽天でんき、など、いわゆる楽天経済圏でお得に生活している人が多いと思います。

読み放題プランがないのが欠点ですが、楽天経済圏の人はkindleよりもおすすめです。

▼今なら最大2000円オフの割引あり!

③U-NEXTの特徴

本と動画が充実したマルチサービス

▶︎動画見放題と電子書籍を両立

動画配信サービス「U-NEXT」は、実は電子書籍も充実したサービスです。

その数なんと80万冊以上!

見放題は月額2,189円ですが、毎月付与される1200ポイントで書籍を購入できます。

▼今なら31日間無料!

④BOOK☆WALKERの特徴

KADOKAWA直営、読み放題プランあり

▶︎出版社「KADOKAWA」直営

「BOOK☆WALKER」は、出版社KADOKAWA直営の電子書籍ストアです。

92万冊以上の品揃えで、書籍全般を取り扱っていますが、特にラノベに強い傾向にあります。

▼出版社ならではのメリット

・ジタルメッセージぺーパー
・書きおろしショートストーリー
・デジタルピンナップ

さらに「BOOK☆WALKER」には、二種類の読み放題プランがあります!

今なら月額836円が1ヶ月間無料!

①文庫・ラノベ読み放題プラン

・ライトノベル8,000冊以上
・文庫小説2,000冊以上
・異世界系、専門書、ミステリーまで、
 幅広いジャンルを網羅

╲月額836円が1ヶ月間“無料”╱
※無料トライアル期間中はいつでも解約OK

②マンガ・雑誌読み放題プラン

・マンガ雑誌90冊以上
・単行本3万冊以上
・月刊アクション等の雑誌や、
 話題の異世界マンガが充実

╲月額836円が1ヶ月間“無料”╱
※無料トライアル期間中はいつでも解約OK

▼BOOK☆WALKERの詳しい特徴やメリットは下記をご覧ください。

⑤ebookjapanの特徴

Yahoo!Japan運営、PayPayユーザーお得

▶︎無料で読めるマンガが多い

Yahoo!Japanが運営する「ebookjapan」は、マンガに特化したサービスです。

マンガを中心に、85万冊以上の取り扱い作品があります。

1巻まるまる無料で読める作品が多数あるので、お気に入りの作品を探すのに役立ちます。

▶︎PayPayユーザーはお得!

「ebookjapan」最大の利点は、PayPayユーザーにお得なキャンペーンやクーポンが豊富な点です。

他サービスに比べて圧倒的な充実度です。

▼主なキャンペーン

  • 初回登録時、6回使える50%OFFクーポン
  • PayPayの還元キャンペーン
  • 曜日別にクーポンや割引あり
  • Yahoo!プレミアム会員特典
  • スタンプラリーでクーポンが当たる
  • 1日1回くじを引ける

⑥BookLive!の特徴

毎日クーポン、Tポイントも貯まる

▶︎試し読みでじっくり検討できる

「BookLive!」は、凸版印刷グループの株式会社BookLiveが運営する電子書籍ストアです。

マンガを中心に、129万冊以上扱っており、小説・ライトノベル・実用書など総合的なジャンルを網羅しています。

試し読みできる冊数が多く、1冊無料で読める本が18,000冊以上もあります。

▶︎毎日クーポンと便利なポイント機能

「BookLive!」の最大の利点は、毎日クーポンガチャを引けることです。

最大50%オフのクーポンが当たります。

また「Tポイント」と連携しているため、電子書籍を購入するとTポイントが貯まり、利用もできます。

電子書籍ストアにアクセスすると、1日1ポイント付与されます。

そして、新規無料会員登録で、50%オフのクーポンがもらえます。

⑦hontoの特徴

大手書店と連携した電子書籍サービス

▶︎電子書籍と紙の本のハイブリッドサービス

「honto」は、大日本印刷の運営する電子書籍ストアで、紙の本も購入できます。

印刷会社が運営し、大手書店と連携しているため、品揃えも豊富です。

ストア内で、紙の本を近くの店舗に取り寄せることが可能なので、電子書籍と紙の本を使い分けて読書したい人におすすめです。

▶︎店舗と電子書籍ストアでポイントを共有

「honto」の最大の利点は、実店舗で購入したポイント、電子書籍ストアで購入したポイントを共通で利用できることです。

実店舗で購入した際のポイントを、電子書籍の購入に利用したり、その逆も可能です。

▼対象の実店舗

  • ジュンク堂
  • 丸善
  • 文教堂

楽天ペイとも連携可能なので、さらにお得にポイントが貯まります。

新規登録で50%オフクーポン

ちなみにhontoに無料登録すると、50%オフクーポンを獲得できます。

また、紙の本で購入した書籍は、5年以来であれば、同タイトルの電子書籍が半額の値段で購入できます。後に電子書籍にまとめよう、といったタイミングでお得に再購入できます。

▼hontoの詳しい特徴やメリットは下記をご覧ください。

⑧コミックシーモアの特徴

マンガ読み放題ならおすすめナンバーワン

▶︎プランを選べる読み放題サービス

「コミックシーモア」は、NTTグループのNTTソルマーレが運営する電子書籍サービスです。

その名の通りマンガに特化したサービスですが、小説、写真集、実用書なども豊富です。

「コミックシーモア」には、なんと読み放題プランがあります!

▼二つのプランを選択できます。

  • 読み放題ライト
    月額:780円
    作品数:38,000冊以上
    ジャンル:マンガ、小説、実用書、雑誌、写真集
  • 読み放題フル
    月額:1,480円
    作品数:95,000冊以上
    ジャンル:読み放題ライト+ラノベ、アダルトマンガ

まとめ

電子書籍サービスは、それぞれ強いジャンルや作品数や特典などが多種多様です。

そのため、自分が求める条件に当てはまるものを選ぶことをおすすめします。

読み放題プランがあるサービスは、大抵初月無料のキャンペーンを開催しているので、とりあえず登録してみて、充実度や使用感を確かめてみることをおすすめします。

本記事が少しでも、皆様の読書ライフを充実させるきっかけになれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました