最短で「Googleアドセンス」の審査に合格する7つの方法

Adsense ブログ運営のわだち
スポンサーリンク

ブログやホームページの運営を始めた方は、おそらく収益化を目標にしていると思います。

収益化に際して、これから「Googleアドセンス」に挑戦しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

当ブログの筆者もまさに、先日「Googleアドセンス」の審査に合格したばかりの立場です。

今回はサイト運営で収益化を目指しているみなさんに、最短で「Googleアドセンス」の審査に合格するための7つの方法をお伝えします。

実際に合格したばかりの筆者だからこそ、信憑性のある情報提供ができると思います。実際に筆者が合格するために実践した内容を、包み隠さず全部ご紹介します。

スポンサーリンク

「Googleアドセンス」とは?

既にご存知の方も多いでしょうが、サイト運営で収益を得る方法は2種類あります。

1つ目は「アフィリエイト(成功報酬型広告)」と呼ばれる方法です。

簡単に説明すると、サイト内で商品やサービスを紹介し、読者が自分のサイトを経由して購入すれば、売り上げの何割かを報酬として受け取ることができる仕組みです。有名な企業だと、アマゾンや楽天が提供しています。

2つ目は「Googleアドセンス」という今回取り扱う方法です。

アフィリエイトとは異なり、サイト内に設置した広告を読者がクリックするだけで収益が発生します。

下記が実際の「Googleアドセンス」の広告です。↓↓↓




アフィリエイトのように、商品やサービスを購入してもらう必要がないため、収益化のハードルが低いです。そのため、初心者はまず「Googleアドセンス」から挑戦することが推奨されています。

ここで問題になるのが、「Googleアドセンス」を利用するためには、審査に合格する必要があるということです。

筆者はつい最近、当ブログ「散文のわだち」の運営を開始し、先日「Googleアドセンス」に合格したばかりの立場です。運営開始からほんの2週間程度で合格しました。そのため、これから「Googleアドセンス」の審査に申し込もうと思っているけれど、どういった点に注意すればいいのか分からないできるだけ早く合格したい、という方には最も参考になる情報を提供できると思います。

様々な情報が氾濫している中、実体験を元に、注意すべき点や、無視してもいい情報などを紹介しようと思います。

Googleアドセンスに明確な審査基準なし!

まず初めに知っておくべきなのは、「Googleアドセンス」の登録にあたり、明確な審査基準はほとんど公開されていないということです。

だからこそ、勝手な憶測間違った情報が氾濫しているわけです。

情報収集をする際に、「○○はするべき!」とか、「○○だと合格しない!」みたいな情報発信をしている記事や動画は信用しないほうがいいと思います。

実際に、筆者も「Googleアドセンス」の審査に際して、様々な情報を収集しました。しかし、その通りに実践しなくても合格した条件はたくさんありました。

例えば、

  • 審査に合格するまでは毎日更新が必須
  • 最低20記事以上書かないと審査対象外
  • PV数がほとんど無い場合は自動的に跳ね返される
  • プロフィール記事を書く必要がある
  • 記事内に画像を入れたほうが合格しやすい
  • 文字数は多ければ多いほど合格しやすい

こういった情報に信憑性はありません。

事実、筆者のブログは上記の条件にほとんど該当しませんが、「Googleアドセンス」の審査に合格しました。

毎日更新ではなく週5更新です。審査に合格したのは10記事の段階です。PV数は記事によりますが、いずれもまだ2桁止まりです。自己紹介のような記事は書いていませんサムネイル画像以外を掲載したことはありません。文字数は基本的に1000文字を超えていますが、内容の方を重視して書いております。

ネットで収集した条件が、ほとんど当てはまってないやん!!

筆者の合格した時のブログ状況を知って、困惑した方もいらっしゃると思います。基本的にこの手の情報発信をする人は、話題性を重視するため、大袈裟に発信してしまうんですよね。だから正直、それらを間に受けてサイト運営に取り組むと遠回りする可能性があります。

どの情報を信じればいいのか分からなくなったあなたに、筆者が「Googleアドセンス」の審査合格に向けて心がけた点を、全て紹介します。

Googleアドセンス合格に向け実行したこと

  • 独自ドメインの取得
    ワードプレスでブログ開設
  • とりあえず10記事書いた
  • サムネ画像(アイキャッチ画像)は用意した
  • 文字数よりも内容の質を重視
    →記事の独自性が重要
  • プライバシーポリシーの準備
  • お問い合わせページの設置
  • サイドバーにプロフィール掲載

独自ドメインの取得

基本的に、アドセンスで収益化を望むのであれば、独自ドメインを取得しましょう。

独自ドメインとは、世界中で自分だけが使用できる、オリジナルのドメインのことです

例えば、アメブロの場合だと、誰がブログを作成しても「https://ameblo.jp/…」という決められたドメインになってしまいます。

一方、当ブログ「散文のわだち」のURLは「https://ks-novel.com/」です。これは筆者が自分で考えたドメインのため、世界中の誰とも重複していません。

独自ドメインではないと「Googleアドセンス」の審査に通らないという噂があります。しかし、実際は「はてなブログ」のようにアドセンスを許可しているブログサービスもあるため、一概に全てが審査対象外とは断言できません。

ただ、今後サイト運営をするにあたって、アメブロやはてなブログのような企業が提供するブログサービスを利用した場合、Googleの検索順位で上位を獲得するのは困難になります。

たいていGoogleで検索した際に、トップに表示されるサイトは、企業のサイトか、独自ドメインで運営しているページです。そのため、「Googleアドセンス」の審査に限らず、SEOの側面から考えても、収益化を目標にする場合は、独自ドメインを取得し、ワードプレスなどでサイトを作成するようにしましょう。

とりあえず10記事書いた

審査に合格するまでは毎日更新が必須とか、最低でも20記事を書かないと審査に合格しない、という間違った情報が溢れています。

当ブログは、文学作品のあらすじ考察をコンセプトに、2021年5月24日に運営を開始しました。

それから、1週間に5記事のペースで更新し、10記事になった2021年6月4日の段階で「Googleアドセンス」の審査に申し込みました。そのため、ブログ運営を開始してちょうど2週間で審査に合格したことになります。

こういった筆者の実体験により、「毎日更新」や「最低20記事以上」がまるっきり嘘であることが証明されました。なので、みなさんは嘘の情報に惑わされて遠回りしないように気をつけてください。

いずれにしても、毎日更新のような都市伝説を信じて我武者羅に意気込んでしまうと、結局サイト運営が継続できずに、収益化する前に脱落してしまう可能性が高いです。

重要なのは、継続です。精神論みたいで鼻につきますが、こればかりは仕方ありません。偉そうなことを言っていますが、筆者もブログ初心者のため、ようやく収益が発生し始めた段階に過ぎません。共に頑張りましょう!

サムネ画像を挿入(本文に画像不要)

ブログの記事内に画像を挿入したほうが、アドセンス審査に通りやすくなるという噂も存在します。

しかし、筆者は一度も記事内に画像を挿入せずに、審査に合格しました。

そのため、必ずしも画像が不可欠というわけではないようです。最低限、サムネ画像(アイキャッチ画像)を付けるくらいのクオリティでも、全然合格できると思います。

ただ裏を返せば、画像を挿入しないのであれば、分かりやすい文書を意識しなければいけないということになります。

アドセンスの審査、ないしはサイト運営に不可欠なのは、読者が記事を読んだ際に、いかに的確な情報を取得できるかということです。つまり、記事の質が重要になります。

価値のある画像を掲載すれば、当然記事は読みやすくなります。あるいは、ちょっとしたフリー素材などを挿入するだけで、柔らかいイメージが生まれるため、読者としてもとっつきやすくなるでしょう。

つまり、画像の挿入は必須ではないが、サイトの質という審査基準を考えた場合には、あるに越したことはない、という結論になります。




④文字数よりも内容の質を重視

1記事の文字数は、最低○○文字以上」のような噂が存在します。

しかし、そのまま鵜呑みにして膨大な文字数の記事を書いても、「Googleアドセンス」の審査に通過しない可能性は大いにあります。

なぜなら、先ほど説明した通り、重要なのは質の高い記事を書くことだからです。

文字数が多いだけで価値のない記事を量産しても、審査に通るわけがありませんし、読者もそんなサイトは自然と閲覧の選択肢から排除するでしょう。

とは言え、筆者のブログの記事は平均して4,000字から5,000字程度あります。ただし、ほとんど文字数を意識して書いたことはありません。「Googleアドセンス」の審査に際して意識したのは、いかに独自性のある記事を書くかということです。

例えば、ネットで商品を購入する際に、商品ページの説明書きよりも、レビューや口コミの情報を重視しませんか?

つまり、「実際に商品を購入した人が、何を考え、どう感じたのか」という情報は、読者にとって重要な判断基準になり、かなり有益です。

サイト運営に関しても同様に、個人の実体験をベースに、独自の観点で記事を書くことが、読者にとっての有益に繋がります。有益な情報であれば、当然「Googleアドセンス」の合格にも繋がります。

⑤プライバシーポリシーの設置

サイトを運営する上で、個人情報を扱う機会があります。

例えば、アクセス数を解析する場合や、お問合せフォームを受け付ける場合には、少なからず読者の個人情報を扱うことになります。

お問合せフォームはもろに、読者のメールアドレスや住所などの情報を収集することになるので、プライバシーを守る義務が発生します。

そのため、自分のブログが適切にプライバシー規定を守っていることを証明する上で、「プライバシーポリシー」の設置は不可欠です。いわゆる信用問題です。

信用できないサイトに、Googleがアドセンスの許可をしてくれるわけがありません。なので、ここは深く考えずに、とりあえず設置すればいいと思います。ワードプレスでブログを作り、「Cocoon」などのテーマを使用すると、元々「プライバシーポリシー」のテンプレが用意されているので、そのまま固定ページに設置するだけで完了です。3分で済みますので、すぐに実行しましょう。

⑥お問合せページの設置

お問合せページ」の設置も、同様に信用問題に関わります。

サイト運営者に、サイトを通して連絡できないのは不自然です。例えば、正規の連絡窓口が存在しない会社に、健全なイメージを抱きますか? 正常な会社であれば、所定の連絡窓口が存在し、何か問題があった時には対応してくれますよね。

なので、「プライバシーポリシー」の設置と同じように、自分のサイトが信用できることを証明するために「お問合せフォーム」を設置しましょう。

ワードプレスの場合「Contact Form 7」というプラグインを追加すれば、厄介なコーディングなしで、すぐにお問合せフォームを作成できます。

Contact Form 7 WordPressプラグイン

アドセンスの審査に申し込む前に設置を済ませておきましょう。

サイドバーにプロフィール掲載

人によっては、自己紹介記事が必要と主張する場合もあります。

その真意は、サイト運営者の情報が開示されることで、サイトの信用度が高まることにあります。つまり、「プライバシーポリシー」や「お問合せフォーム」と同様の役割です。

しかし、あえて自己紹介のための記事や固定ページを作成する必要はありません。

なぜなら、ワードプレスの場合だと、プロフィール設定画面で入力した情報を、サイトのサイドバーに表示させることができるからです。

簡易な自己紹介と、サイト運営の目的くらいを表示させとけば、問題なく「Googleアドセンス」の審査に合格すると思います。わざわざ自己紹介の記事作成に時間を費やすのは無駄なのでやめましょう。




まとめ

  • 独自ドメインの取得
    →アメブロなどのサービスは不可
  • とりあえず10記事書いた
    →○○記事以上必須の噂は嘘
  • サムネ画像(アイキャッチ画像)は用意した
    →本文に画像挿入は必須ではない
  • 文字数よりも内容の質を重視
    →無価値な記事を量産しても無駄
  • プライバシーポリシーの準備
    →サイトの信用のために
  • お問い合わせページの設置
    →サイトの信用のために
  • サイドバーにプロフィール掲載
    →自己紹介の記事作成は不要

以上を参考に、「Googleアドセンス」の審査に最短で合格し、収益化を共に目指しましょう!




コメント

タイトルとURLをコピーしました