の向こうで戦争が始まる

散文のわだち

村上龍『海の向こうで戦争が始まる』考察 「限りなく透明に近いブルー」の続編だった!?

村上龍の『草の向こうで戦争が始まるき』のあらすじがすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。芥川賞を受賞した彼の2作目の小説です。実は『限りなく透明に近いブルー』で描かれた主題が引き継がれている!?徹底的に考察!
タイトルとURLをコピーしました