ドフトエフスキー

散文のわだち

ドフトエフスキー『地下室の手記』あらすじ考察 自意識とキリスト教の衝突

ドフトエフスキーのおすすめ小説『地下室の手記』のあらすじがすぐ分かる。転換期となった重要な作品。自意識に苛まれた男はキリスト教に苦しんでいた?彼の不可解な言動の理由を徹底的に解説!
タイトルとURLをコピーしました