プロレタリア文学

文豪のわだち

小林多喜二のエグいエピソード|プロレタリア作家の酷い死因

プロレタリア文学の旗手・小林多喜二。一時は芥川龍之介を凌ぐ人気があり、代表作『蟹工船』は1929年上半期の最高傑作と評された。最終的には政府に目をつけられ、築地警察署内で拷問を受け虐殺された。なぜ彼の死は黙認されたのか。彼が共産主義へ傾倒したのは恋人が関係していた?当時の歴史背景と合わせて小林多喜二のエグいエピソードを紹介!
おすすめ作品

プロレタリア文学おすすめ代表作7選|作家ごとに作品を紹介

プロレタリア文学とは、労働者の姿を描いた文学で、社会主義の風潮と相まって大正時代に流行した。本記事では、5人の作家を取り上げ、おすすめ代表作を7つ紹介する。小林多喜二の『蟹工船』以外にも面白い作品が多数!プロレタリア文学についても簡単に解説!
散文のわだち

葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』あらすじ解説|教科書掲載のプロレタリア文学

葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』のあらすじがすぐ分かる。プロレタリア文学の中で最も怖くて、グロくて、それでいて文学的芸術性が長けた作品です。最後の一文に込められた意味を考察!
散文のわだち

小林多喜二『蟹工船』あらすじ解説|プロレタリア文学とは

小林多喜二『蟹工船』のあらすじがすぐ分かる。発禁・不敬罪になったプロレタリア文学の傑作には作者の過酷な人生が関係していた!?当時の時代背景から徹底考察!
タイトルとURLをコピーしました