狂人日記

散文のわだち

魯迅『狂人日記』あらすじ考察 食人文化に秘められた儒教の虚偽

魯迅のおすすめ小説『狂人日記』の内容がすぐ分かる。周囲の人間が自分を食おうとしている、そんな強迫観念に襲われた男が本当に訴えていたメッセージとは。実は当時の危機的な中国社会に対する痛烈な批判が隠されている?徹底的に解説!
タイトルとURLをコピーしました