白い人

散文のわだち

遠藤周作『黄色い人』あらすじ考察 黄色人が持たざる罪の意識

遠藤周作のおすすめ小説『黄色い人』の内容がすぐ分かる。芥川賞受賞作『白い人』と対になる初期の代表作です。神の存在しない日本に罪の意識はない?作者が追求した日本人とキリスト教の隔たりとは。
散文のわだち

遠藤周作『白い人』あらすじ解説 「黄色い人」と対になる芥川賞作

遠藤周作のおすすめ小説『白い人』の内容がすぐ分かる。痛烈に社会のあり方を批判した芥川賞受賞作です。禁欲主義によってサディズムに目覚めた主人公が、キリストの虚偽を証明するために悪に身を投じたのには、複雑な理由があった!?徹底的に考察!
タイトルとURLをコピーしました