羽田圭介

散文のわだち

羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』あらすじ考察 タイトルに込められた意味とは

羽田圭介の小説『スクラップ・アンド・ビルド』のあらすじがすぐ分かる。第153回芥川賞受賞作。日本の介護問題と保険制度に切り込む社会派小説。健斗はなぜ尊厳死を実行しなかったのか。タイトルに込められた意味とは。
タイトルとURLをコピーしました