舞踏会

散文のわだち

芥川龍之介『舞踏会』あらすじ考察 花火のように儚い文明開化

芥川龍之介のおすすめ短編『舞踏会』のあらすじがすぐ分かる。三島由紀夫が最も愛した作品。花火のように儚い恋の物語には、明治時代の西洋化に対する批評の意が込められていた?ロティの原作から考察!
タイトルとURLをコピーしました