蜜柑

散文のわだち

芥川龍之介の『蜜柑』あらすじ考察 綺麗じゃなくても美しいもの

芥川龍之介のおすすめ短編小説『蜜柑』の内容がすぐ分かる。醜い容姿の田舎娘に対して主人公が抱いた心情の変化を徹底的に考察!「綺麗」と「美しい」は異なる概念だという哲学が表現されていた!?
タイトルとURLをコピーしました