行人

散文のわだち

夏目漱石『行人』あらすじ解説 後期三部作の二作目

夏目漱石のおすすめ代表作『行人』の内容を考察。『彼岸過迄』から続き、『こころ』に繋がる後期3部作の2作目。兄一郎は妻との関係において、どのような苦悩を抱えていたのか。人間のエゴと現代知識人の苦悩を描いた傑作を徹底的に解説。
タイトルとURLをコピーしました