散文のわだち

谷崎潤一郎『鍵』あらすじ考察 国会で問題になったワイセツ文学

谷崎潤一郎の『鍵』のあらすじがすぐ分かる。老人の性という異色のテーマに挑戦した問題作。国会で取り沙汰されたワイセツ文学。夫婦の騙し合いの真相を徹底解説。小説が読者を騙す?実は黒幕は娘だった?
タイトルとURLをコピーしました