かか

散文のわだち

宇佐見りん『かか』あらすじ解説 三島由紀夫賞のデビュー作

芥川賞作家、宇佐見りんのデビュー作『かか』のあらすじがすぐ分かる。「新たな純文学の書き手」が生み出す強烈な問題作。かか弁がもたらす生々しさと、母との肉体的な一体化がもたらす空恐ろしさ。かかを産み直すとはどういう意味か。徹底的に解説!
タイトルとURLをコピーしました