くるまの娘

散文のわだち

宇佐見りん『くるまの娘』あらすじ考察 芥川賞第一作にして最高傑作

芥川賞作家・宇佐見りんのおすすめ小説『くるまの娘』のあらすじがすぐ分かる。これまでの集大成として家族のテーマと向き合った問題作。かんこが抱える痛みの正体とは。「依存」という言葉で切り捨てられる家族の問題に切り込む痛みの文学。
タイトルとURLをコピーしました