わたしが・棄てた・女

散文のわだち

遠藤周作『わたしが・棄てた・女』あらすじ解説 ハンセン病という神の試練を考察

遠藤周作のおすすめ代表作『わたしが・棄てた・女』の内容がすぐ分かる。純文学系に対する中間小説の代表作。ハンセン病を診断された少女の生涯を通して、真実の愛の意味が問われる。神はなぜ残酷な試練を与えるのか、その理由を徹底的に考察!
タイトルとURLをコピーしました