アメリカ

ドイツ文学

カフカ『失踪者(アメリカ)』あらすじ解説|長編三部作の入門編

フランツ・カフカのおすすめ代表作『失踪者(アメリカ)』のあらすじ紹介。『城』『審判』と併せて長編三部作と呼ばれる。その中でも入門編におすすめな1冊。楽園を追放された青年がアメリカ大陸を放浪する物語。そこには近代社会への批判が込められている?徹底的に考察!
タイトルとURLをコピーしました