セメント樽の中の手紙

散文のわだち

葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』あらすじ考察 最後の一文の怖い真実

葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』のあらすじがすぐ分かる。プロレタリア文学の中で最も怖くて、グロくて、それでいて文学的芸術性が長けた作品です。最後の一文に込められた意味を考察!
タイトルとURLをコピーしました