夢十夜

散文のわだち

夏目漱石『夢十夜』あらすじ解説 第一夜,三夜,六夜,七夜,十夜

夏目漱石のおすすめ小説『夢十夜』のあらすじを考察。映画『ユメ十夜』も紹介。「こんな夢を見た」という有名な書き出しで綴られる10遍の幻想的な物語。死生観や、芸術論や、明治時代の西欧化に警笛を鳴らす主題を考察!
タイトルとURLをコピーしました