悲しみよ、こんにちは

フランス文学

サガン『悲しみよ こんにちは』あらすじ考察 17歳の罪深い感情 

サガンのおすすめ小説『悲しみよ こんにちは』の内容がすぐ分かる。サガンが18歳の頃に執筆した処女作であり、代表作でもあります。発表から間も無く22カ国で翻訳されるなど、世界的なベストセラー小説を徹底考察。
タイトルとURLをコピーしました