狂言の神

散文のわだち

太宰治の『狂言の神』あらすじ考察 「人間失格」の入水自殺から7年後の物語

太宰治のおすすめ小説『狂言の神』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『狂言の神』の衝撃事実に驚愕!? 「人間失格」で描かれた入水自殺から7年後に再度自殺をしようとする男の物語です。実際に太宰治が鎌倉山で首吊り自殺を決行し、失敗に終わった時の出来事が描かれています。果たして自殺を諦めた男が、世の中と和解するために出した結論はいかに!?あらすじを解説。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました