芋粥

散文のわだち

芥川龍之介『芋粥』あらすじ考察 今昔物語との相違と作者の着眼点 

芥川龍之介の小説『芋粥』の内容がすぐ分かる。代表作『鼻』と並んで評価される秀逸な短編小説。一体どのような人間の心理を作品に落とし込んでいるのか、分かりやすく考察しています。
タイトルとURLをコピーしました