散文のわだち

夏目漱石『門』あらすじ解説 「三四郎」「それから」に続く前期三部作の最終章

夏目漱石のおすすめ小説『門』の内容がすぐ分かる。「三四郎」「それから」に続く前期三部作の最終章。「それから」で描かれた、略奪婚を決心した主人公にはいかなる運命が待ち受けていたのか。宗教に救いを求めた主人公の前に立ちはだかる「門」の正体とは?
タイトルとURLをコピーしました