69

散文のわだち

村上龍『69』あらすじ考察 作者の自伝的青春小説

村上龍のおすすめ小説『69』の内容がすぐ分かる。1969年に17歳だった村上龍の青春時代を自伝的に改装する物語。芥川賞作家になるまでの村上龍の経緯を紹介。バリケード封鎖やフェスティバル開催を決行した村上龍の、本当の「戦い」とは?
タイトルとURLをコピーしました