オーディブル聴き放題はイマイチ?|向き不向きを解説

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
※ アフィリエイト広告を利用しています
audible1 電子書籍サービス

Amazonの聴く読書Audibleは、月額1,500円で12万冊以上が聴き放題の、業界1位のサービスです。

しかし、実際に利用してみて、自分には向いていないと感じる人がいるのも事実。

例えば、

・活字で読む方がいい
・聴くだけだと内容が頭に入らない
・月額料金が高い

私自身、日常的にオーディブルを利用していますが、目的や書籍ジャンルによって、向き不向きがあると実感しています。

そこで本記事では、個人的な体験談から、オーディブルの向き不向きを、目的や書籍ジャンル別に解説していきます。

オーディブルの利用を検討している人は、無料トライアルを開始する前に、参考にしてみてください。

オーディブルの基本情報

12万冊以上が聴き放題になるAmazonの聴く読書オーディブル。

まずは、オーディブルの基本情報がこちら。

①聴き放題作品数:12万冊以上
②取り扱いジャンル
 ビジネス書、啓発本、小説、ラノベ
 ポッドキャスト、英語学習・・・
③アプリで視聴できる
③プロの声優や芸能人が朗読
⑤月額料金:1,500円が30日間無料
⑥単品購入が30%オフ

※2/29まで2ヶ月間無料トライアル実施中!

╲月額1,500円が2ヶ月間“無料”╱

12万冊以上が聞き放題

オーディブル最大の特徴は、他サービスより圧倒的に作品数が多いことです。

40万冊以上が配信され、12万冊以上が聴き放題です。

サービス名聴き放題作品数
オーディブル12万冊以上
audiobook.jp   1万5,000冊以上   

競合「audiobook.jp」と比較すれば、オーディブルの作品数の多さは圧倒的です。

取り扱いジャンル

オーディブルでは、小説やビシネス書、啓発本など、一般的なジャンルを網羅しています。

それに加えて、お笑い芸人や、ビシネス系のポッドキャストや、英語学習の教材も配信されています。

読書に限らず、様々な種類の音声コンテンツを楽しめるのが特徴です。

アプリで視聴できる

アプリをダウンロードすれば、音楽を聴く操作感で利用できます。

通勤通学や家事の最中に気軽に読書ができるので、忙しい現代人にピッタリです。

何より活字が苦手な人におすすめです。活字で挫折した本を、オーディブルなら完読できたという声が多く寄せられています。

またYouTubeなどの動画サービスと違い、バックグラウンド再生が可能なため、スマホで別のアプリを立ち上げたまま聴くこともできます。

プロの声優や俳優が朗読

オーディブルの朗読は、プロの声優や芸能人が担当しています。

・藤木直人『ねじまき鳥クロニクル 』

・松坂桃李『サラバ!』

・三浦友和:『火車』

・杏:『犬にきいてみろ』

・大久保佳代子:『コンビニ人間』

・玉城ティナ:『推し、燃ゆ。』

・宮沢りえ:『雨ニモマケズ』
…etc

実際に利用した感想ですが、プロの朗読が巧みで、想像以上に満足な読書体験ができます。

月額1,500円が30日間無料

オーディブルの読み放題プランは月額1,500円です。

競合「audiobook.jp」の833円と比較すれば、やや高めの値段設定になっています。

毎月1,500円も払うのは割に合わないと感じる人もいるかも知れません。

そんな人は、まずは30日間無料トライアルを開始して、利用価値がないと感じれば退会すればいいと思います。30日以内に解約すれば料金は一切発生しません。

※2/29まで2ヶ月間無料トライアル実施中!

╲月額1,500円が2ヶ月“無料”╱

オーディブルが向かない人

個人的な体験談から言うと、オーディブルに向かない人は、紙の本に愛着がある小説が好きな人だと感じます。私自身がそうなので、当初は抵抗がありました。

その理由を3つ説明します。

一定スピードの朗読がストレス

小説とは、情報単体を収集する作業ではなく、風景描写や、登場人物の心情や、比喩や、独特な文体から想像力を働かせる作業です。この作業にかかる時間は人によって異なり、速読で楽しめる人もいれば、じっくり時間をかけて味わいたい人もいます。

あるいは理解しづらい部分を何度も読み返したりすることも珍しくありません。

しかしオーディブルは、一定スピードで通読されるので、人によっては理解が追いつかないまま物語が進んでしまう場合があります。紙の本に慣れている人にとってはストレスです。

もしくは、通勤通学中や、何かの作業中に聴いていても、例えば電車の乗り換えなど、他に気を取られる瞬間があると、内容が頭に入ってこなくなります。

朗読者の声が合わないことがある

これは個人的な感想ですが、朗読者の声には合う合わないがあります。

紙の本だと、登場人物の声を脳内で自分なりに変換できますが、オーディブルの場合は、朗読者の声が決まっているので、作品によって不快に感じる場合があります。

月額料金が高い

月額料金1,500円が高いか安いかは、個人の金銭感覚によりますが、普段自分が本にいくら使っているかを考えるのも1つの目安です。

基本的に単行本を新品で買えば1冊1,000円以上はします。なので毎月単行本を1冊以上新品で買う人にとってはかなりお得です。

逆に定期的に本を買わない人、ブックオフなどで中古本を買う人にとっては損になります。

普段から読書習慣がない人は、たとえ12万冊以上が聴き放題になっても、すぐ利用しなくなる可能性があるので要注意です。

以上をまとめると下記のようになります。

オーディブルが合わないのは、
・自分の速度で文章を味わいたい人
・朗読者の声が気になる人
・毎月本を1500円以上買わない人

この3つに該当する人は、オーディブルを利用する価値はないと思います。

私も当初はこれらがストレスでした。しかし、思い返せば自分は、夜のゆよとりがある時間に読書を楽しむ性格だったので、寝る前にオーディブルで小説を聴いてみれば、意外と聴き心地が良かったので、それ以来は重宝しています。

とういうのも、再生スピードを調節でき、プロの声優の朗読クオリティが高いので、聴いているうちに脳がオーディブルに適応していく感覚がありました。

オーディブルは「忙しい現代人向け」という触れ込みで紹介されることがありますが、そもそも小説が好きな人は、忙しくてもちゃんと読書の時間を確保すると思うので、ながら読書なんてものは見当違いだと思います。

とわいえ、実際に利用してみないと自分に合う合わないかは分かりません。

とりあえず、30日間無料トライアルを試して、合わなければ解約すればいいと思います。

※2/29まで2ヶ月間無料トライアル実施中!

╲月額1,500円が2ヶ月間“無料”╱

■関連記事
➡︎オーディブルで聴ける芥川賞10選はこちら

オーディブルが合う人

自分なりの読書スピードで文章表現を味わいたい小説好きの人には、オーディブルが合わないと説明しました。

逆に言えば、単に情報を得るだけの書籍ジャンルならオーディブルが適しています。

ビジネス書、ハウツー本が読みたい人

ビジネス書や啓発本、美容や健康などのハウツー本は、読者の想像力を掻き立てるのが目的ではなく、情報を簡潔に伝えるのが目的です。そのため文章が非常に論理的で、オーディブルで聞き流すのに適しています。

私の体験談で言えば、サウナが趣味なのですが、サウナの入門書や、医学的な効果を解説するハウツー本をオーディブルで聴くと、活字で読むより簡単に通読ができました。

実際にオーディブルの口コミを見ると、活字の本は読めなかったが、オーディブルだと通読できたという声が圧倒的に多いです。

読書苦手すぎてなかなか読み進められず、試しにAudibleにしてみたらスルスル内容頭に入ってきた。

出典:Twitter

またビジネス書やハウツー本の場合は、小説と異なり、通勤通学中や作業中に聴き流すだけでも、情報が頭に入ってくるので、これこそ「忙しい現代人向け」におすすめだと感じます。

英語学習をしたい人

オーディブルは読書のみならず、英語学習にも最適です。

例えば、英語教材として有名なアルクが豊富に揃っています。

シリーズ合計6,000円もする教材が、Audible会員なら聴き放題なのでかなりお得です。

また再生速度を、0.3倍から3.5倍まで、スキルに合わせて速度を変えられるので、通常の教材よりも便利に勉強できます。

私はヨーロッパを旅行する機会があり、それをきっかけに英語学習を思い立ち、実際にオーディブルで教材を聴き流していました。(挫折しましたが・・・)

毎月1500円以上本に費やす人

オーディブルは話題のビジネス書や美容関係、最新の芥川賞作品まで、いち早く配信されるので、毎月1冊以上本を買うのであれば、月額料金の元を取れます。

わざわざお金を出してまで読むほどの本ではなくても、オーディブルなら12万冊以上が読み放題なので、気軽に読書が楽しめます。

私自身、本当に自分が欲しくて、かつ紙の本で読みたい小説だけは書店で購入し、その他の気になる書籍はオーディブルで聴くようにしています。

実際にそのような口コミも寄せられています。

サブスク料金は1500円位かかるから安くはないけど、本一冊買ったと思えば全然元が取れます♪ ながら聴き出来るから運転中でも聴けるし、特に読むには本が分厚すぎるやつとかは本当にオススメ

出典:Twitter

以上をまとめると下記のようになります。

オーディブルが合う人は、
・ビジネス書、ハウツー本が読みたい人
・活字が苦手な人
・通勤中や作業中に読書した人
・英語学習をしたい人
・毎月1500円以上本に費やす人

これらに該当する人は、今すぐオーディブルを始めるべきです。

オーディブルは30日間無料トライアルを実施しているので、仮に自分に合わないと感じたら、一切料金が発生せずに退会できます。

気になる人はぜひ試してみてください。

※2/29まで2ヶ月間無料トライアル実施中!

╲月額1,500円が2ヶ月間“無料”╱

Audibleの口コミ評価

当ブログ運営者の意見だけだと偏ってしまうので、他人の口コミも紹介します。

読書苦手でもAudibleなら読める

読書苦手すぎてなかなか読み進められず、試しにAudibleにしてみたらスルスル内容頭に入ってきた。

出典:Twitter

分厚すぎる本でも読める

サブスク料金は1500円位かかるから安くはないけど、本一冊買ったと思えば全然元が取れます♪ ながら聴き出来るから運転中でも聴けるし、特に読むには本が分厚すぎるやつとかは本当にオススメ

出典:Twitter

紙の本を購入する前に内容確認

本は電子書籍よりも紙派。しかし量が増えると収納が大変。これからはaudibleを使って内容を聞いて『共感できる!ほしい!』と思ったものだけを購入しよう!!

出典:Twitter

大物俳優の朗読が優れている

ねじまき島クロニクル/村上春樹
藤木直人さんの朗読は、落ち着いた口調で演じ分けも上手い。昔紙の本で挫折した記憶があるが、完結するまで聴いてみたい。

出典:Twitter

まとめ

①12万冊以上が聴き放題(業界No.1)

②取り扱いジャンルが豊富

③プロの声優や芸能人が朗読

④英語学習に最適

⑤月額1,500円が1ヶ月無料

⑥単品購入が30%オフ

気になった人は、30日間無料の読み放題プランで、使用感を確かめてみてください。

※2/29まで2ヶ月間無料トライアル実施中!

╲月額1,500円が2ヶ月間“無料”╱
タイトルとURLをコピーしました