ジョージ・オーウェル

イギリス文学

ジョージ・オーウェル『1984』あらすじ解説|ディストピア小説の傑作

ジョージ・オーウェルのおすすめ代表作『1984』のあらすじ紹介。全体主義の監視社会を題材にしたディストピア小説の金字塔。ビッグ・ブラザーの独裁政権を通して、人間社会の権力構造の闇が暴かれる。二重思考やニュースピーク、党のスローガンの意味について徹底的に考察!
イギリス文学

ジョージ・オーウェル『動物農場』あらすじ解説|物語の政治的背景

ジョージ・オーウェルのおすすめ代表作『動物農場』の内容がすぐ分かる。物語の裏に描かれたソ連スターリン批判、大衆に対する教訓など徹底的に考察。なぜ動物たちは恐怖支配から抜け出せなかったのか。
タイトルとURLをコピーしました