梶井基次郎

おすすめ作品

【高校現代文】教科書掲載おすすめ文学作品10選|本当に面白い小説と詩

高校の現代文の教科書に掲載されている文学作品を紹介。大人になってから読み返したい人必見。本当の面白いおすすめの小説と詩10選。
おすすめ作品

梶井基次郎おすすめ代表作10選|有名作品から隠れた名作まで

昭和時代初期を代表する日本の文豪・梶井基次郎。感覚的な作風と、詩的な文章が特徴で、生涯20篇余りの作品を残した。代表作『檸檬』は教科書に掲載されるほど有名だ。本記事では梶井基次郎のおすすめ代表作10選を紹介する。『檸檬』以外にも面白い作品があるのでぜひチェックしてください!
文豪のわだち

梶井基次郎についてエピソード|遊郭で童貞卒業 代表作も紹介

背徳の美、妄想のテロリズムを詩的に描く明治の文豪、梶井基次郎。その大柄で強面な容姿ゆえに、彼の生涯は女とは無縁だった!?モテない男がやさぐれて、泥酔して遊郭で童貞を卒業したり、そのことを後に後悔したり、純粋ゆえに堕ちていく人間模様が儚い!? 酒癖の悪さも一流!梶井基次郎のクズエピソードを徹底解説。
散文のわだち

梶井基次郎『檸檬』代表作あらすじ解説|美は想像上のテロリズム

梶井基次郎の代表作『檸檬』のあらすじがすぐ分かる。梶井基次郎の特徴でもある、詩的な心情描写を考察。檸檬は一体何を象徴しており、ラストの主人公の心理描写は何を意味していたのか?徹底的に考察!
タイトルとURLをコピーしました