坂口安吾

散文のわだち

坂口安吾『桜の森の満開の下』あらすじ考察 鬼になった女の正体

坂口安吾の短編小説『桜の森の満開の下』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。なぜ女は鬼になってしまったのか。主人公まで消えた理由とは。孤独と虚無という主題から徹底的に考察します!
散文のわだち

坂口安吾『不良少年とキリスト』あらすじ解説 太宰治の自殺理由

坂口安吾の随筆『不良少年とキリスト』の内容がすぐ分かる。太宰治は何故死んだのか。盟友である坂口安吾が太宰の死を徹底的に考察。芸術の本当の役割とは・・・。
散文のわだち

坂口安吾『太宰治情死考』あらすじ解説 太宰は富栄を愛していない?

坂口安吾のおすすめ随筆『太宰治情死考』の内容がすぐ分かる。 太宰治の自殺について、坂口安吾の独特の目線で考察が綴られています。太宰治の他殺説を匂わせるような、痛烈な山崎富栄への非難の理由を徹底的に考察します。
散文のわだち

坂口安吾の『堕落論』あらすじ考察 堕落こそが人間の復活

坂口安吾ののおすすめ随筆『堕落論』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『堕落論』の衝撃事実に驚愕!? 政治や文化の仕組みを紐解いた上で、堕落を推奨する作者の意図とは?戦後の荒廃した日本人の生き方を提示した随筆を考察。
散文のわだち

坂口安吾『白痴』代表作あらすじ解説 魂と肉体の葛藤

坂口安吾の代表作『白痴』のあらすじがすぐ分かる。 実存主義の立場から、芸術や戦争を切り込む。敗戦間近の日本人の心の在処を白痴の女から見出す!?徹底的に考察!
タイトルとURLをコピーしました