芥川賞のわだち

散文のわだち

遠藤周作『白い人』あらすじ考察 サディズムとキリスト教の残酷な対立

遠藤周作のおすすめ小説『白い人』の内容がすぐ分かる。痛烈に社会のあり方を批判した芥川賞受賞作です。禁欲主義によってサディズムに目覚めた主人公が、キリストの虚偽を証明するために悪に身を投じたのには、複雑な理由があった!?徹底的に考察!
散文のわだち

宇佐見りんの『推し、燃ゆ』あらすじ考察 相互理解のない幸福のカタチ

宇佐見りんの芥川賞受賞作品『推し、燃ゆ』の内容がすぐ分かる。 昨今の閉塞的な社会を斬り込む、最も時代を反映した大傑作を考察。「推しが燃えた。ファンを殴ったらしい」に全ての魅力が詰まっている!?
散文のわだち

中村文則の『土の中の子供』あらすじ考察 両親から生まれないという選択

中村文則の「土の中の子供」のあらすじがすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『土の中の子供』の衝撃事実に驚愕!?芥川賞受賞作品の魅力をご紹介。虐待、孤児の過去を背負った主人公が、自己破滅によって辿り着こうとする「何か」の正体とは!? あらすじを徹底考察。
散文のわだち

村田沙耶香の『コンビニ人間』あらすじ考察 アスペルガーや異物として生きる喜び

村田沙耶香の芥川賞受賞小説『コンビニ人間』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『コンビニ人間』の衝撃事実に驚愕!? 生き方の多様化という幻想と、アスペルガーに対する社会の認知度について、問題定義した本作のあらすじを考察。
散文のわだち

村上龍の『限りなく透明に近いブルー』あらすじ考察 巨大な存在に押し潰さた青春の色彩

村上龍の『限りなく透明に近いブルー』のあらすじがすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『限りなく透明に近いブルー』の衝撃事実に驚愕!?芥川賞受賞作品の魅力をご紹介。巨大な黒い鳥の正体とは?徹底考察!
タイトルとURLをコピーしました