綿矢りさ『インストール』あらすじ解説 17歳のデビュー作 映画紹介

インストール 散文のわだち

綿矢りさの小説『インストール』は、作者が17歳の頃に新人賞を受賞したデビュー作です。

最年少での受賞を記録したこと、上戸彩主演で映画化されたこと、次作が芥川賞を受賞したこともあり、本作はベストセラーとなりました。

本記事では、あらすじを紹介した上で、物語の内容を考察しています。

スポンサーリンク

『インストール』作品概要

作者綿矢りさ
発表時期  2001年(平成13年)  
ジャンル中編小説
テーマ母子の障壁
匿名による現実逃避
受賞第38回文藝賞
関連上戸彩主演で映画化(2004)

『インストール』あらすじ

あらすじ

受験戦争から脱落し、不登校になった女子高生の朝子。彼女はふと部屋の大掃除を思い立ち、家具一式をマンションのごみ捨て場へと運びます。すると偶然通りかかった小学生のかずよしが、壊れたPCを欲しがったため、譲ってあげます。

数日後、朝子は同じマンションの女性から下着を貰い、そのお礼に家を訪問します。すると、そこはかずよしの家でした。彼はPCを直すことができたと打ち明け、さらにはPCを使った風俗チャットのアルバイトを朝子に持ちかけます。かずよしのメル友に風俗嬢が居て、その人にお手伝いを頼まれたようです。朝子は風俗チャットのアルバイトを引き受け、翌日から働き始めます。

朝子は不登校であることを母親に隠して、かずよしの家でチャットをしていました。ところが、しばらくすると先生からの電話で不登校が呆気なくバレてしまいます。そんな矢先にチャットの仕事が終了になり、かずよしが風俗チャットの給料を持ち帰ります。実際の風俗嬢が仕事を辞めるため、チャットも終了になったわけです。

風俗チャットをして多くの人と話すうちに、自己と向き合うようになった朝子は、チャット終了と共に学校に行くと改心します。そして儲けたお金で、捨てた家具をもう一度買い直そうと考えるのでした。

▼読書好きにお得な情報!

Amazonオーディブル1ヶ月無料

audible-(5)

読書好きの間で今最も注目されているサービスと言えば、Amazonオーディブル

12万冊以上の小説やビジネス書が聴き放題!

今なら30日間無料トライアルで楽しめます。

╲月額1,500円が30日間“無料”╱

『インストール』個人的考察

個人的考察

史上最年少で文藝賞受賞

芥川賞作家・綿矢りさ。

デビュー作『インストール』や、芥川賞受賞作『蹴りたい背中』以外にも、映画化で話題となった『勝手ふるえてろ』など、多くのベストセラー作品を生み出す人気作家。

そんな彼女のデビューはなんと、17歳。

高校在学中に本作『インストール』で文藝賞を受賞します。20年ぶりの最年少記録だったため、当時話題を呼びました。その2年後には、『蹴りたい背中』で芥川賞を受賞し、またしても最年少記録を大幅に更新します。

幼少の頃から本に興味を示していた作者は、小学生の頃には『ズッコケ三人組』や『不思議の国のアリス』などを愛読していたようです。高校生になると引っ込み思案でマイナス思考な性格になり、その影響で太宰治の作品に心酔します。この頃から自分自身も小説を執筆するようになり、早くも小説家を志すようになったみたいです。

彼女の作品の特徴として、いわゆる学校や社会などでカーストが低い「拗らせ女性」に焦点を当てた物語が多いです。不登校、アイドルオタク、非モテ、そういったテーマを扱う傾向にあります。

あるいは彼女のデビューは2001年です。スクールカーストやオタク文化やネット住民など、新たな被支配者像が形成された時代です。だからこそ、綿矢りさが描く「拗らせ女子」は、社会に搾取される平成の若者の共感を呼んだのかもしれません。

匿名性がもたらす何者かの自分

「私、毎日みんなと同じ、こんな生活続けていいのかなあ。みんなと同じ教室で同じ授業受けて、毎日。だってあたしには具体的な夢はないけど野望はあるわけ。」

『インストール/綿矢りさ』

典型的な「何者かになりたくて、何者にもなれない」現代病を患った主人公の朝子。

クラスメイトが疑うことなく受験勉強に勤しむ中、朝子は一般社会のレールに疑問を抱き、その結果登校拒否になってしまいます。受験競争からドロップアウトしてしまったのです。

そんな彼女が夢中になったのは、「風俗チャット」なるものでした。実在する人妻風俗嬢の代わりに、卑猥な客のチャット相手をするという業務内容です。つまり、女子高生の朝子は、インターネット上で人妻風俗嬢という別人格を演じることになったのです。まさにネットならではの匿名性を駆使したアルバイトです。

おそらく、この「別人格を演じる匿名性」が朝子の興味を引いたのだと考えられます。

朝子は「何者かになりたい」という欲求のために、学校生活や受験勉強から脱落しました。そんな彼女にとって、人妻風俗嬢を演じるアルバイトは、まさしく「自分ではない何者か」に成り切る行為です。インターネットの匿名性がもたらす、ある種の自己消滅が、朝子を一時的に現実のしがらみから解放したのでしょう。

タイトルでもある「インストール」とは、単にパソコンにおけるソフトウェアやアプリケーションの話ではなく、朝子の中に人妻風俗嬢という別人格をインストールする、という意味合いも含まれているように感じます。

スポンサーリンク

なぜ不登校をやめたのか

朝子がドロップアウトした理由は、一般的な生き方に嫌気が差したばかりではありません。彼女の言動のバックグラウンドには、母親の存在が大きく関係しています。

むしろ、朝子がとったあらゆる言動は、母親との好ましくない関係性に起因していると考えられます。

不登校になった朝子は、自室の家具を処分するために、夜中に大掃除をしました。その事実に気づいていながら、母親は朝子の部屋を確認しませんでした。作中では「私達母子はきっとプライバシーの意味を勘違いしている」と記されています。

要するに、朝子と母親の間には何かしらの障壁が存在したわけです。

ところが、ある時、出勤したはずの母親が自分の部屋で仮眠していることがありました。最初のうち、家具が無くなった娘の部屋に対して、母親はまるで惚けた態度でした。そのことについて朝子は怒りを感じます。

「そうじゃないでしょ、すっからかんになった娘の部屋を見て、ここで寝るのが良いわって、それは違うでしょ。もっと、」
心配してよ、という言葉を言いかけて飲み込んだ。(中略)なぜだか怒りが湧いてきて私は母を挑発した。

『インストール/綿矢りさ』

心配してよ」という飲み込んだ言葉が全てを物語っています。

つまり、朝子が登校拒否になった理由も、自室の家具を処分した理由も、母性に対する欲求が発端となっていたのでしょう。気にかけてもらいたかったのだと思います。ましてや父親と離婚した母子家庭でしたから、朝子が親の愛情に飢えていたことは言うまでもありません。

先生からの電話で、朝子が不登校であることを知った母親は、涙を流します。これまで娘に対して無頓着だった母親が、初めて言葉と感情で歩み寄ろうとしたのです。

ともすれば、現実世界で母親の歩み寄りが為された時点で、朝子の目的は完了され、もう不登校である理由も、風俗チャットを続ける理由も無くなってしまったのでしょう。

現実の自分を再インストール

作中では、家具を捨てる行為は重要なメタファーとして使用されています。

家具とは現実世界における生活を演出するものであり、それを捨てることは、生活者としての自己を放棄するようなものです。不登校になり、受験競争からドロップアウトし、一般社会から逃げ出した朝子の心情を、家具の処分が象徴しているのでしょう。

そんな彼女は、現実社会の自己から逃避した結果、風俗チャットで別人格を演じることにのめり込みます。

ただし、風俗チャットで別人格を演じること、ひいては匿名の人間と会話することは、朝子に自己を見つめ直すきっかけを与えました。

朝子は風俗チャットに対して虚しさを感じていました。匿名の人間が現れては去っていくばかりの、軽薄な繋がりに対する虚しさだと思われます。つまり、虚偽の自分を演じて匿名の相手と繋がるだけでは、現実世界における愛情の不足は払拭できなかったのでしょう。

朝子は、現実逃避による充足の限界に気づいたのだと思います。

朝子の空白は、現実世界で母親と和解する以外に埋めることができなかった。だからこそ、「母親の歩み寄り」が為されたことで、朝子は見事に現実回帰を遂げたのでしょう。これ以上別人格を演じて、小手先の充足を求める必要が無くなったのです。

最後の場面で、朝子はネット通販で家具を買い直そうとします。現実の自己を放棄するために捨てた家具を、再び買い直す行為。それは、自己を「再インストール」して現実と向き合う、克服を象徴していたのだと思います。

スポンサーリンク
▼合わせて読みたい情報!

綿矢りさの映画がおすすめ

映像で楽しむ

綿矢りさの小説は多数映画化されています。

・『インストール』上戸彩
・『夢を与える』小松菜奈
・『私をくいとめて』のん
・『ひらいて』山田杏奈

中でも『インストール』は、上戸彩と子役時代の神木隆之介が出演しており、話題になりました。

上記の作品は全て、U-NEXT無料トライアルで鑑賞できます。

╲月額2,189円が31日間“無料”╱
※無料トライアル期間中はいつでも解約OK!

▼U-NEXTのメリットはこちらで紹介

タイトルとURLをコピーしました