散文のわだち

羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』あらすじ考察 タイトルに込められた意味とは

羽田圭介の小説『スクラップ・アンド・ビルド』のあらすじがすぐ分かる。第153回芥川賞受賞作。日本の介護問題と保険制度に切り込む社会派小説。健斗はなぜ尊厳死を実行しなかったのか。タイトルに込められた意味とは。
散文のわだち

宇佐見りん『かか』あらすじ考察 独特な方言で描かれる母娘の苦悩

芥川賞作家、宇佐見りんのデビュー作『かか』のあらすじがすぐ分かる。「新たな純文学の書き手」が生み出す強烈な問題作。かか弁がもたらす生々しさと、母との肉体的な一体化がもたらす空恐ろしさ。かかを産み直すとはどういう意味か。徹底的に解説!
散文のわだち

中村文則『悪意の手記』あらすじ考察 21世紀版和製「罪と罰」

中村文則のおすすめ小説『悪意の手記』のあらすじがすぐ分かる。最もマニアックな中村文学。なぜ人を殺してはいけないのか。なぜ主人公はKを殺したのか。ラストの注釈のアルファベットの意味とは。
散文のわだち

村上龍『69』あらすじ考察 作者の自伝的青春小説

村上龍のおすすめ小説『69』の内容がすぐ分かる。1969年に17歳だった村上龍の青春時代を自伝的に改装する物語。芥川賞作家になるまでの村上龍の経緯を紹介。バリケード封鎖やフェスティバル開催を決行した村上龍の、本当の「戦い」とは?
散文のわだち

遠藤周作『深い河』あらすじ考察 キリスト教と日本人の最終章

遠藤周作のおすすめ小説『深い河』の内容がすぐ分かる。生涯を通して遠藤周作が追求した「キリスト教と日本人」というテーマの最終章。作者が最終的に見出したキリスト像とは?なぜ人々はインドへ導かれたのか。徹底的に考察!
散文のわだち

中村文則『掏摸』あらすじ考察 世界で評価された不条理文学

中村文則のおすすめ代表作『掏摸』のあらすじがすぐ分かる。掏摸を生業とする主人公が不条理に抗った先には希望はったのか。意味深長なラストの意味を徹底考察!塔は何を象徴していたのか?
散文のわだち

宮沢賢治『雨ニモマケズ』解説 全文紹介 賢治の理想と現実

宮沢賢治の詩『雨ニモマケズ』全文紹介。深掘り考察によって徹底解説。発見されたきっかけから日本国に広まった理由まで解説。実は詩に続きがあった?賢治の挫折、国家権力に利用された背景を説明。
おすすめ作品

宮沢賢治おすすめ代表作品10選 童話と詩を紹介

宮沢賢治のおすすめ作品を紹介。『銀河鉄道の夜』『風の又三郎』などの代表作のみならず、あまり知られていないが素晴らしい作品も選出しています。全て無料で読むことができます。
散文のわだち

村上龍『イン ザ・ミソスープ』あらすじ考察 日本人を丸裸にするサイコホラー

村上龍のおすすめ代表作『イン ザ・ミソスープ』の内容がすぐ分かる。 歌舞伎町の風俗街に現れた猟奇殺人鬼フランク。彼が日本社会に突きつける痛烈なメッセージとは?ミソスープは何を象徴しているのか?
散文のわだち

遠藤周作『黄色い人』あらすじ考察 黄色人が持たざる罪の意識

遠藤周作のおすすめ小説『黄色い人』の内容がすぐ分かる。芥川賞受賞作『白い人』と対になる初期の代表作です。神の存在しない日本に罪の意識はない?作者が追求した日本人とキリスト教の隔たりとは。
タイトルとURLをコピーしました