夢野久作おすすめ代表作品8選 ドグラマグラから短編集まで紹介

夢野久作 おすすめ作品

数多の怪奇小説を遺した日本文学随一の奇才

そう、夢野久作

精神異常、変態、エロ、グロ・・・・・

本記事では、夢野久作のおすすめ代表作を厳選して8作紹介します。

▼目次をタップすると全作品が表示されます。

スポンサーリンク

①『ドグラマグラ』

日本三大奇書のひとつ、意味不明な問題作

発表時期   1935年(昭和10年)   
ジャンル長編小説(上下巻)

■作品紹介
言わずと知れた日本三大奇書のひとつ。
読んだ者は精神に異常をきたすと評されるほど、奇妙で不可解で空恐ろしい問題作。

■あらすじ
精神病院で目覚めた記憶喪失の青年が、とある事件の真実に接近する中で、自分が誰なのかを思い出そうとする物語。果たして青年は誰で、今日はいつで、こんな恐ろしい日を何度繰り返されているのか、全てが謎に包まれている・・・。

夢野久作の代名詞にして、もはや探偵小説の域を超えた、日本文学屈指の難関作。上下巻約700ページの超大作なので、心して挑戦してください。

②『瓶詰地獄』

近親相姦と宗教の葛藤を描いた問題作

発表時期   1928年(昭和3年)   
ジャンル短編小説

■作品紹介
『ドグラマグラ』に次いで人気がある短編小説。日活ポルノで映画化されるなど、狂気と官能が合わさった夢野久作らしい作品。

■あらすじ
浜に打ち上げられた三つの瓶には、ある兄妹の恐ろしい告白の手紙が入っていた。無人島で遭難した兄妹は、救助を求めると同時に、やがてよからぬ感情に襲われてしまう。近親相姦とキリスト教を題材に、兄妹の破滅的な運命が描かれている・・・。

③『キチガイ地獄』

『ドグラマグラ』の前身となる短編作品

発表時期   1932年(昭和7年)   
ジャンル短編小説
収録作品集『空を飛ぶパラソル』

■作品紹介
精神病者と記憶喪失をテーマにした、『ドグラマグラ』の前身とも言える短編小説。

■あらすじ
犯罪者の男と、その素性を知る記者、二人の物語。記者はある企みから、犯罪者の男を金持ちの家の養子になるよう取り計らう。しかし、物語が進むごとに、記憶喪失に陥った主人公は、自分が犯罪者なのか記者なのか、人格がぐちゃぐちゃになってしまう・・・。

いきなり『ドグラマグラ』に挑戦するにはハードルが高い人に、おすすめの作品です。

④『少女地獄』

三人のモダンガールの狂気と破滅

発表時期   1936年(昭和11年)   
ジャンル短編小説集

■作品紹介
少女を題材にした三遍の物語から成る書簡体形式の作品。『ドグラマグラ』『瓶詰地獄』と並んで人気がある、夢野久作の代表作。

■あらすじ
虚言癖の少女、自分を殺そうとする男に惹かれる少女、復讐によって愛情を伝える少女。周囲から異常と見なされる、しかし正常なモダンガールたちが、男性中心主義の甚だしい当時の日本社会で奮闘し破滅する・・・。

まさに探偵小説らしい、謎が暴かれていく物語なので、初心者にもおすすめです。

⑤『犬神博士』

体制に抗う少年の世にも奇妙な冒険譚

発表時期   1932年(昭和7年)   
ジャンル長編小説(未完)

■作品紹介
夢野久作の作品の中で群を抜いて、明るく爽快な小説。連載していた新聞が廃刊になったため、未完のまま残された作品だが、それでもファンから異常に人気が高い。

■あらすじ
大道芸人として少女のなりをする少年が、社会のイカサマや、権力者の悪事を次々に暴いていく物語。大衆を抑圧する体制に、九州地方の民衆が争う様が描かれた痛快な冒険譚。

他作品のような難解さがないため、夢野久作が苦手な人にもおすすめです。

⑥『きのこ会議』

「きのこ」VS「人間」の皮肉な物語

発表時期   1922年(大正11年)   
ジャンル短編小説(掌編)

■作品紹介
わずか5ページ程度の掌編小説。多くの短編を残した夢野久作の作品の中で、最も人気のある作品のひとつ。

■あらすじ
人間に採られることに不満を覚えた「きのこ」が、人間の役に立たない毒きのこになろうと会議する、ユーモア溢れる寓話。毒きのこになった結果、彼らはどんな運命を辿るのか・・・?

夢野久作の皮肉を感じつつ、しかし違った魅力を童話感覚で楽しめる作品です。

⑦『人間レコード』

反共産主義をテーマにしたSF作品

発表時期   1936年(昭和11年)   
ジャンル短編小説

■作品紹介
夢野久作の作品の中で、最も政治色が強い短編小説。とりわけ晩年の夢野久作に見られる、反共主義の思想が色濃く表れている。

■あらすじ
ソビエトが開発した「人間レコード」は、当人の意識外に機密情報を録音することができる技術である。そのため、仮に逮捕され拷問を受けても、情報を暴露される恐れはない。この技術を駆使して、ソ連は日本にスパイを送り込むのだった・・・。

あまり有名ではない、隠れた名作です。SF好きには取っ付きやすい物語です。

⑧『人間腸詰』

文学史上最もグロテスクなホラー作品

発表時期   1936年(昭和11年)   
ジャンル短編小説

■作品紹介
タイトルから想像できる通り、まさに夢野久作らしい、グロテスクな怪奇小説。

■あらすじ
アメリカで開催される万博で、「台湾館」を建設することになった大工の物語。台湾娘に色目を使われ舞い上がった主人公は、娘に誘われるがままにある建物にやって来る。そこはなんとギャングのアジトで、人間をソーセージにする機械があった・・・。

身の毛もよだつ、恐ろしい物語で、読後感が悪いため、心して読んでください。

まとめ

【夢野久作おすすめ小説8選】

①『ドグラマグラ』
②『瓶詰地獄』
③『キチガイ地獄』
④『少女地獄』
⑤『犬神博士』
⑥『キノコ会議』
⑦『人間レコード』
⑧『人間腸詰』


※タイトルをタップするとスクロールされます。

▼合わせて読みたい情報!

映画『少女地獄』を無料鑑賞

映像で楽しむ

夢野久作の代表作『少女地獄』は、1977年に映画化されました。

少女の性愛を描いたロマンポルノ大作として評価されています。

今なら、U-NEXT無料トライアルで鑑賞可能!

╲月額2,189円が31日間“無料”╱

▼U-NEXTのメリットはこちらで紹介

タイトルとURLをコピーしました