文豪のわだち

【永井荷風の変人エピソード】幸福な孤独死を遂げた奇天烈な文豪

永井荷風はアスペルガーだった!?ストリップや遊郭に通い詰めた玄人好みな文豪が孤独死した理由とは。おすすめの代表作を紹介しながら、永井荷風のヤバすぎる変人エピソードを徹底的に解説しています!
散文のわだち

村上春樹『ハナレイ・ベイ』あらすじ考察 団塊/バブルの対立から幸福を考える

村上春樹の代表作『ハナレイ・ベイ』のあらすじがすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない衝撃事実に驚愕!? 団塊世代とバブル期の若者という世代間のギャップに主題が隠されている?徹底的に考察します!
散文のわだち

芥川龍之介『或阿呆の一生』あらすじ考察 私小説に敗北した作家の末路

芥川龍之介の代表作『或阿呆の一生』のあらすじがすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『或阿呆の一生』の衝撃事実に驚愕!? 自殺前の芥川龍之介の人生回想には、小説家としての最後の戦いがあった!?登場人物を紹介しながら徹底考察!
散文のわだち

宮本輝『泥の河』あらすじ考察 安治川の船で売春する家族の物語

宮本輝『泥の河』のあらすじがすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない衝撃事実に驚愕!? 安治川の船で売春する家族の物語。お化けの鯉の正体と、燃える蟹の美学を徹底的に考察!
散文のわだち

宮本輝『螢川』あらすじ考察 思春期の欲情と生命力の輝き

宮本輝『螢川』のあらすじがすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない衝撃事実に驚愕!? 芥川賞を受賞した宮本輝の作品には生と死の対比が美しく描かれている?最後の描写は何を意味しているのか、徹底考察!
散文のわだち

葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』あらすじ考察 最後の一文の怖い真実

葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』のあらすじがすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない衝撃事実に驚愕!? プロレタリア文学の中で最も怖くて、グロくて、それでいて文学的芸術性が長けた作品です。最後の一文に込められた意味を考察!
散文のわだち

町田康『くっすん大黒』あらすじ考察 パンクロッカー兼芥川賞作家の処女作

町田康『くっすん大黒』のあらすじがすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない衝撃事実に驚愕!? 伝説のパンクロックバンド「INU」のボーカル町田康が文壇に登場した異端の処女作。アンチ精神と冷笑的なユーモア溢れるおすすめの傑作!
散文のわだち

【プロレタリア文学】代表作家と代表作を紹介 おすすめ5選!

小林多喜二の『蟹工船』の印象が強いプロレタリア文学の代表作家と代表作を紹介!実は作家によって取り上げた主題が様々だった!?実際に全て読んだ筆者が『蟹工船』の次に読むべき選りすぐりの作品を紹介!
散文のわだち

村上春樹『納屋を焼く』あらすじ考察 同時存在と見えない世界の物語

村上春樹『納屋を焼く』のあらすじがすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない衝撃事実に驚愕!? 韓国で映画化され話題になった『バーニング』を紹介しつつ、原作『納屋を焼く』の謎を解説しています。同時存在とは?彼女はどこに消えたのか?
散文のわだち

横光利一『機械』あらすじ考察 四人称で描かれるメカニカルな世界

横光利一『機械』のあらすじがすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない衝撃事実に驚愕!? 新感覚派の芸術性の高い技巧、とりわけ四人称がもたらす効果を徹底的に考察しています!
タイトルとURLをコピーしました