散文のわだち

ドストエフスキー『地下室の手記』あらすじ考察 自意識とキリスト教の衝突

ドストエフスキーのおすすめ小説『地下室の手記』のあらすじがすぐ分かる。転換期となった重要な作品。自意識に苛まれた男はキリスト教に苦しんでいた?彼の不可解な言動の理由を徹底的に解説!
散文のわだち

古井由吉『杳子』あらすじ考察 又吉直樹推薦の芥川賞作品

古井由吉の小説『杳子』のあらすじがすぐ分かる。第64回芥川賞受賞作。「内向の世代」とは何のか。杳子が患っていた病気の正体を徹底的に解説。
おすすめ作品

【海外文学】歴代ベストセラー小説ランキング10選

歴代の海外文学を、日本国内での売上部数によってランキング形式で紹介。日本人に最も読まれている海外文学が分かります。どれも世界中で愛読される名著ですので、気になった作品があれば是非読んでみてください。
おすすめ作品

【日本文学】歴代ベストセラー小説ランキング10選

歴代の日本文学を売上部数によってランキング形式で紹介。夏目漱石、太宰治、川端康成、三島由紀夫など。どれも日本が誇るべき名著ですので、気になった作品があれば是非読んでみてください。
散文のわだち

羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』あらすじ考察 タイトルに込められた意味とは

羽田圭介の小説『スクラップ・アンド・ビルド』のあらすじがすぐ分かる。第153回芥川賞受賞作。日本の介護問題と保険制度に切り込む社会派小説。健斗はなぜ尊厳死を実行しなかったのか。タイトルに込められた意味とは。
散文のわだち

宇佐見りん『かか』あらすじ考察 独特な方言で描かれる母娘の苦悩

芥川賞作家、宇佐見りんのデビュー作『かか』のあらすじがすぐ分かる。「新たな純文学の書き手」が生み出す強烈な問題作。かか弁がもたらす生々しさと、母との肉体的な一体化がもたらす空恐ろしさ。かかを産み直すとはどういう意味か。徹底的に解説!
散文のわだち

中村文則『悪意の手記』あらすじ考察 21世紀版和製「罪と罰」

中村文則のおすすめ小説『悪意の手記』のあらすじがすぐ分かる。最もマニアックな中村文学。なぜ人を殺してはいけないのか。なぜ主人公はKを殺したのか。ラストの注釈のアルファベットの意味とは。
散文のわだち

村上龍『69』あらすじ考察 作者の自伝的青春小説

村上龍のおすすめ小説『69』の内容がすぐ分かる。1969年に17歳だった村上龍の青春時代を自伝的に改装する物語。芥川賞作家になるまでの村上龍の経緯を紹介。バリケード封鎖やフェスティバル開催を決行した村上龍の、本当の「戦い」とは?
散文のわだち

遠藤周作『深い河』あらすじ考察 キリスト教と日本人の最終章

遠藤周作のおすすめ小説『深い河』の内容がすぐ分かる。生涯を通して遠藤周作が追求した「キリスト教と日本人」というテーマの最終章。作者が最終的に見出したキリスト像とは?なぜ人々はインドへ導かれたのか。徹底的に考察!
散文のわだち

中村文則『掏摸』あらすじ考察 世界で評価された不条理文学

中村文則のおすすめ代表作『掏摸』のあらすじがすぐ分かる。掏摸を生業とする主人公が不条理に抗った先には希望はったのか。意味深長なラストの意味を徹底考察!塔は何を象徴していたのか?
タイトルとURLをコピーしました