あらすじ

散文のわだち

宇佐見りん『推し、燃ゆ』あらすじ解説 芥川賞ベストセラー

宇佐見りんの芥川賞受賞作品『推し、燃ゆ』の内容がすぐ分かる。 昨今の閉塞的な社会を斬り込む、最も時代を反映した大傑作を考察。「推しが燃えた。ファンを殴ったらしい」に全ての魅力が詰まっている!?
散文のわだち

中島敦『山月記』あらすじ解説 教科書の名作を徹底考察

中島敦のおすすめ小説『山月記』の内容がすぐ分かる。教科書に掲載される名作のテーマの裏に隠された真実を考察。臆病な自尊心はいつか自分の身を亡ぼす!?果たして李徴は何故虎になってしまったのか、徹底考察!
散文のわだち

坂口安吾『堕落論』あらすじ解説  堕落こそが人間の復活

坂口安吾ののおすすめ随筆『堕落論』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『堕落論』の衝撃事実に驚愕!? 政治や文化の仕組みを紐解いた上で、堕落を推奨する作者の意図とは?戦後の荒廃した日本人の生き方を提示した随筆を考察。
散文のわだち

谷崎潤一郎『刺青』あらすじ解説 マゾヒズム・足フェチの美学

谷崎潤一郎『刺青』の内容を考察。実は知られていない『刺青』の衝撃事実に驚愕!?娘を誘拐し、無理やり刺青を彫ることで、意図的に悪女を作り上げる調教の物語!?
文豪のわだち

芥川龍之介の破滅エピソード 自殺の原因について紹介

「ぼんやりした不安」という言葉を残して自殺した芥川龍之介。一体何が彼を死に追いやったのか。精神病の母親と、女性問題と、長編小説が描けない苦悩、その他多くの真実をエピソード形式で徹底的に紹介。彼が最後に救いを求めたキリスト教、神はどうして芥川龍之介を救えなかったのか徹底解説。
散文のわだち

魯迅『狂人日記』あらすじ解説 食人文化に秘められた儒教の虚偽

魯迅のおすすめ小説『狂人日記』の内容がすぐ分かる。周囲の人間が自分を食おうとしている、そんな強迫観念に襲われた男が本当に訴えていたメッセージとは。実は当時の危機的な中国社会に対する痛烈な批判が隠されている?徹底的に解説!
散文のわだち

田山花袋『少女病』あらすじ解説 ロリコン変態ストーカー男の悲劇

田山花袋のおすすめ小説『少女病』の内容がすぐ分かる。代表作『蒲団』にも勝る、真の自然主義文学は、ロリコン変態ストーカー男の悲劇だった!? 明治末期の女性の価値観に焦点を当てながら、主人公が少女に心を惹かれる理由を徹底考察。
散文のわだち

遠藤周作の『海と毒薬』あらすじ解説 宗教なき日本人の同調圧力

遠藤周作のおすすめ小説『海と毒薬』の内容を解説。信仰心が欠落した日本人の倫理観を斬り込む社会派小説。なぜ彼らは人体実験に参加したのか。宗教なき日本人の同調圧力というテーマを考察。
文豪のわだち

【文豪三大クズ】太宰治についてのエピソード 自殺・女性・中毒の生涯

幾度となく自殺未遂を繰り返し、文豪の中で最も過激で破天荒で陰鬱とした太宰治のクズエピソードをご紹介。女性関係、借金、芥川賞落選による脅迫、その他多くの逸話を面白可笑しく解説。彼の破滅的な人生を紐解くことが、作品読解の鍵になること間違いありません。
散文のわだち

吉本ばなな『とかげ』あらすじ解説 13年後に書き直された物語

吉本ばななのおすすめ小説『とかげ』の内容を解説。 初期の短編小説が、後にリメイクされて再発表された変わった作品です。過去の傷を背負った者の親和によって、世の中と和解し克服する、吉本ばなならしい傑作です。彼女が描く慈しみの形をあらすじから考察。
タイトルとURLをコピーしました