夏目漱石

散文のわだち

夏目漱石『彼岸過迄』あらすじ解説 修善寺の大患後の後期三部作

夏目漱石のおすすめ代表作『彼岸過迄』の内容がすぐ分かる。『行人』『こころ』に続く後期3部作の1作目。自意識の強い近代知識人の自意識を描いた恋愛物語。須永を取り巻く一族のしがらみと、母親のエゴを徹底考察。なぜ須永は千代子との結婚を拒絶したのか?
散文のわだち

夏目漱石『吾輩は猫である』代表作あらすじ解説 挫折の多いデビュー作を考察

夏目漱石のおすすめ代表作『吾輩は猫である』の内容がすぐ分かる。夏目漱石のデビュー作は最も挫折の多い文学? 猫目線で人間社会を徹底的に非難する物語には、どんな意味が込められているのか。夏目漱石が伝えたかったことを徹底的に考察!
散文のわだち

夏目漱石『草枕』あらすじ解説 冒頭の意味と伝えたいこと考察

夏目漱石のおすすめ小説『草枕』の内容がすぐ分かる。『吾輩は猫である』と並ぶ初期の代表作。「智に働けば角かどが立つ。情に棹さおさせば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角とかくに人の世は住みにくい」の意味を解説。主人公が求める「非人情」とは。作中の芸術論を徹底的に考察!
散文のわだち

夏目漱石『門』あらすじ解説 「三四郎」「それから」に続く前期三部作の最終章

夏目漱石のおすすめ小説『門』の内容がすぐ分かる。「三四郎」「それから」に続く前期三部作の最終章。「それから」で描かれた、略奪婚を決心した主人公にはいかなる運命が待ち受けていたのか。宗教に救いを求めた主人公の前に立ちはだかる「門」の正体とは?
散文のわだち

夏目漱石『それから』あらすじ考察 結末と伝えたいこと

夏目漱石のおすすめ小説『それから』の内容がすぐ分かる。『三四郎』『門』と合わせて前期三部作とされる名著。代助は何に悩んでいたのか。夏目漱石が考えていた個人主義と欧化主義の問題について徹底的に解説!
おすすめ作品

【高校現代文】教科書掲載のおすすめ文学作品 本当に面白い小説と詩10選

高校の現代文の教科書に掲載されている文学作品を紹介。大人になってから読み返したい人必見。本当の面白いおすすめの小説と詩10選。
おすすめ作品

【日本文学】歴代ベストセラー小説ランキング10選

歴代の日本文学を売上部数によってランキング形式で紹介。夏目漱石、太宰治、川端康成、三島由紀夫など。どれも日本が誇るべき名著ですので、気になった作品があれば是非読んでみてください。
散文のわだち

夏目漱石『夢十夜』あらすじ考察 第一夜 第三夜 第六夜 第七夜 第十夜を解説

夏目漱石のおすすめ小説『夢十夜』のあらすじがすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。映画『ユメ十夜』も紹介!「こんな夢を見た」という有名な書き出しで綴られる10遍の幻想的な物語。死生観や、芸術論や、明治時代の西欧化に警笛を鳴らす主題を考察!
散文のわだち

夏目漱石の『三四郎』あらすじ考察 明治時代の恋愛観

夏目漱石の『三四郎』のあらすじがすぐ分かる。単なる恋愛ドラマに見えて、実は明治時代の全体主義の問題が取り上げられている!?時代背景からアプローチして徹底的に考察します。
散文のわだち

夏目漱石『こころ』あらすじ考察 乃木希典の殉死と明治の終焉

夏目漱石のおすすめ小説『こころ』の内容がすぐ分かる。 日本で持っても売れている書籍にもかかわらず、現代の我々には理解できないのは何故!?明治時代の道徳観と乃木希典の殉死に焦点を当てて考察!
タイトルとURLをコピーしました