海外文学

散文のわだち

ゲーテ『若きウェルテルの悩み』あらすじ考察 自殺連鎖を巻き起こした世界文学の傑作

ゲーテのおすすめ代表作『若きウェルテルの悩み』の内容がすぐ分かる。当時この小説を読んだ多くの若者が自殺したという問題作。ウェルテルは一体何に苦悩していたのか、当時の啓蒙主義的な社会背景から考察。名言も紹介しながら世界文学傑作の素晴らしさを徹底紹介!
散文のわだち

ヘッセ『シッダールタ』あらすじ考察 芸術が頂点に達した代表作

ヘルマン・ヘッセのおすすめ代表作『シッダールタ』の内容がすぐ分かる。悟りの境地を目指したシッダールタが導き出した答えとは。シッダールタの苦悩、川に魅せられた理由を徹底的に考察!
散文のわだち

スティーブンソン『ジキル博士とハイド氏』あらすじ考察 人間の中にある善悪の葛藤

スティーブンソンのおすすめ代表作『ジキル博士とハイド氏』の内容がすぐ分かる。二重人格で知られるジキルとハイド。人間の中にある善悪の葛藤に着目して、物語を考察しています。なぜジキルは自殺を図ったのか?
散文のわだち

ヘルマンヘッセ『車輪の下』あらすじ考察 タイトルに込められた意味を解説

ヘルマンヘッセのおすすめ代表作『車輪の下』の内容がすぐ分かる。作者の生涯を紹介しながら、主人公ハンスの苦悩や、死因を考察しています。車輪の下に込められた意味とは? 誰がハンスを殺したのか? 徹底的に考察!
散文のわだち

ドフトエフスキー『地下室の手記』あらすじ考察 自意識とキリスト教の衝突

ドフトエフスキーのおすすめ小説『地下室の手記』のあらすじがすぐ分かる。転換期となった重要な作品。自意識に苛まれた男はキリスト教に苦しんでいた?彼の不可解な言動の理由を徹底的に解説!
おすすめ作品

【海外文学】歴代ベストセラー小説ランキング10選

歴代の海外文学を、日本国内での売上部数によってランキング形式で紹介。日本人に最も読まれている海外文学が分かります。どれも世界中で愛読される名著ですので、気になった作品があれば是非読んでみてください。
散文のわだち

カミュ『異邦人』あらすじ考察「太陽のせい」で殺人?名言紹介

カミュの小説『異邦人』のあらすじがすぐ分かる。不条理文学の傑作。なぜ主人公は殺人を犯したのか。「太陽のせい」という動機の意味とは。
散文のわだち

モーム『月と六ペンス』あらすじ考察 20世紀文学の最高峰!芸術至上主義の狂気!

モームのお小説『月と六ペンス』のあらすじがすぐ分かる。小説の面白さとは、芸術の魅力とは、美しい人生とは、そういった文学の魅力が最高純度で描かれている作品を徹底考察!
散文のわだち

魯迅『故郷』あらすじ考察 封建的な格差が生み出す友人との隔たり

魯迅の小説『故郷』の内容がすぐ分かる。教科書で読み親しまれる作品には、学校で教えてもらえない歴史的背景が存在する!?当時の封建的な中国社会の実態から作品を考察しています。
散文のわだち

ヘミングウェイ『老人と海』あらすじ考察 ハードボイルド文学の哀愁

ヘミングウェイの小説『老人と海』のあらすじがすぐわかる! ハードボイルド文学から漂う哀愁の理由は?ヘミングウェイの生涯から作品の主題を徹底考察!
タイトルとURLをコピーしました