海外文学

フランス文学

カミュ『幸福な死』あらすじ解説 「異邦人」読解の鍵となる作品

カミュのおすすめ小説『幸福な死』の内容を考察。生前は発表されなかった、『異邦人』の草稿である作品。『異邦人』のムルソーが、死刑を前に幸福を実感した理由が秘められている? 物語を徹底的に解説!
フランス文学

ボリス・ヴィアン『日々の泡(うたかたの日々)』あらすじ解説

ボリス・ヴィアンのおすすめ小説『日々の泡(うたかたの日々)』のあらすじ内容を考察。非現実的な世界観で描かれる悲痛な恋愛小説。コランとクロエに迫る悲劇は何を意味するのか。タイトルに込められた刹那の美について徹底的に解説!
イギリス文学

ジョージ・オーウェル『1984』あらすじ解説 ディストピア小説の傑作

ジョージ・オーウェルのおすすめ代表作『1984』の内容を考察。全体主義の監視社会を描いたディストピア小説。ビッグ・ブラザー政権の闇を徹底的に解説。オーディブルでも視聴可能!
ドイツ文学

ヘッセ『クヌルプ』あらすじ解説 自由で孤独な人生

ヘルマン・ヘッセの代表作『クヌルプ』の内容を考察。『車輪の下』に次いで多く版を重ねる名作。職も家も持たず放浪を続けるクヌルプは、アウトサイダーな人生を通して人生の意味を追求する。
ドイツ文学

カフカ『失踪者(アメリカ)』あらすじ解説 おすすめ入門編

フランツカフカのおすすめ代表作『失踪者(アメリカ)』の内容を考察。未完の長編小説。楽園を追放された青年の放浪の旅。そこには近代社会への批判が込められている?
ドイツ文学

カフカ『城』あらすじ解説 なぜKは城に辿り着けないのか

フランツカフカのおすすめ代表作『城』の内容を考察。未完の長編小説。なぜKは城に辿り着けないのか。職業という現代社会の権威に支配された人々の葛藤を徹底的に解説!
ドイツ文学

カフカ『審判』あらすじ解説 不条理の長編三部作

フランツカフカのおすすめ代表作『審判』の内容を考察。Kの不条理な逮捕に秘められた意味とは。掟の門は何を象徴しているのか。
散文のわだち

魯迅『阿Q正伝』あらすじ解説 著者が伝えたいことは民衆批判?

魯迅のおすすめ小説『阿Q正伝』の内容がすぐ分かる。最下層の生活を送る阿Qは、無知・無自覚である故に自らの人生を残酷な結果に招いてしまいます。日露戦争直後の、列国に支配され続けていた中国人の無自覚な精神を痛烈に批判した、魯迅の最高傑作。
アメリカ文学

ヘミングウェイ『日はまた昇る』あらすじ解説 失われた世代の文学

ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』のあらすじがすぐわかる!『老人と海』で有名なヘミングウェイの初期の代表作品。ロストジェネレーションとは何のか?タイトルに込められた意味とは?
ロシア文学

イワン・ツルゲーネフ『初恋(はつ恋)』あらすじ解説 半自伝小説

ツルゲーネフのおすすめ小説『初恋』の内容がすぐ分かる。人を愛するとは一体どういうことなのか。ヴラジーミル少年は、父とジナイーダの禁断の恋から、真実の恋の在り方を学ぶ。儚くて美しい初恋の物語のあらすじを考察。
タイトルとURLをコピーしました