芥川賞

散文のわだち

遠藤周作の『白い人』あらすじ考察 サディズムとキリスト教の残酷な対立

遠藤周作のおすすめ小説『白い人』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『白い人』の衝撃事実に驚愕!? 芥川賞受賞作に相応しい、痛烈に社会のあり方を批判した問題作です。禁欲主義によってサディズムに目覚めた主人公が、キリストの虚偽を証明するために悪に身を投じたのには、複雑な理由があった!?徹底的に考察!
散文のわだち

宇佐見りんの『推し、燃ゆ』あらすじ考察 相互理解のない幸福のカタチ

宇佐見りんの芥川賞受賞作品『推し、燃ゆ』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『推し、燃ゆ』の衝撃事実に驚愕!? 昨今の閉塞的な社会を斬り込む、最も時代を反映した大傑作を考察。「推しが燃えた。ファンを殴ったらしい」に全ての魅力が詰まっている!?
散文のわだち

太宰治のおすすめ短編小説ランキング10選

太宰治のおすすめ短編小説をご紹介。晩年の「人間失格」や「斜陽」等の長編小説は有名ですが、太宰治の人生を紐解くには短編小説を読む必要があります。私小説の要素が強いため、短編を読むことで「人間失格」の理解がより一層深まるなど、スピオフ的な楽しみも沢山あります。是非、参考にしてみてください。
散文のわだち

太宰治の『姥捨』あらすじ考察 「人間失格」のヨシ子のモデルになった物語!?

太宰治のおすすめ小説『姥捨』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『姥捨』の衝撃事実に驚愕!? 「人間失格」で描かれたヨシ子の姦通の元となった物語。太宰治ファンなら「人間失格」のスピンオフ感覚で楽しめる必読の作品です。
散文のわだち

太宰治の『斜陽』あらすじを考察 道徳の過渡期の犠牲者

太宰治のおすすめ小説『斜陽』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『斜陽』の衝撃事実に驚愕!? 戦後の日本で没落した貴族の若者が、かつての道徳と葛藤する物語です。移り変わりの激しい現代を生きる我々にも教訓になりうる名作です。
散文のわだち

芥川龍之介はなぜ自殺したのか? ぼんやりした不安の正体

「ぼんやりした不安」という言葉を残して自殺した芥川龍之介。一体何が彼を死に追いやったのか。精神病の母親と、女性問題と、長編小説が描けない苦悩、その他多くの真実をエピソード形式で徹底的に紹介。彼が最後に救いを求めたキリスト教、神はどうして芥川龍之介を救えなかったのか徹底解説。
散文のわだち

他人事だから笑える太宰治のクズエピソード -自殺・女性問題・中毒・脅迫-

幾度となく自殺未遂を繰り返し、文豪の中で最も過激で破天荒で陰鬱とした太宰治のクズエピソードをご紹介。女性関係、借金、芥川賞落選による脅迫、その他多くの逸話を面白可笑しく解説。彼の破滅的な人生を紐解くことが、作品読解の鍵になること間違いありません。
散文のわだち

山崎ナオコーラの『人のセックスを笑うな』あらすじ考察 自分が楽しければ相手も楽しいという愛の自惚れ

山崎ナオコーラのおすすめ小説『人のセックスを笑うな』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『人のセックスを笑うな』の衝撃事実に驚愕!? 文藝賞を華やかに受賞し、芥川賞候補にもあがり、映画化された大ヒット小説のあらすじを考察。タイトルに込められたテーマは、実は誰もが抱える普遍的な性の葛藤だった!?
散文のわだち

太宰治の『狂言の神』あらすじ考察 「人間失格」の入水自殺から7年後の物語

太宰治のおすすめ小説『狂言の神』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『狂言の神』の衝撃事実に驚愕!? 「人間失格」で描かれた入水自殺から7年後に再度自殺をしようとする男の物語です。実際に太宰治が鎌倉山で首吊り自殺を決行し、失敗に終わった時の出来事が描かれています。果たして自殺を諦めた男が、世の中と和解するために出した結論はいかに!?あらすじを解説。
散文のわだち

太宰治の『親友交歓』あらすじ考察 有名になれば僻まれる!?

太宰治のおすすめ小説『親友交歓』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『親友交歓』の衝撃事実に驚愕!? 太宰治が戦後、実家の青森に疎開していた時期に経験した同級生とのトラブルを綴った随筆です。太宰治が農夫の同級生と険悪になった理由を、当時の時代背景から徹底分析。
タイトルとURLをコピーしました