遠藤周作

散文のわだち

遠藤周作『深い河』あらすじ考察 キリスト教と日本人の最終章

遠藤周作のおすすめ小説『深い河』の内容がすぐ分かる。生涯を通して遠藤周作が追求した「キリスト教と日本人」というテーマの最終章。作者が最終的に見出したキリスト像とは?なぜ人々はインドへ導かれたのか。徹底的に考察!
散文のわだち

遠藤周作『黄色い人』あらすじ考察 黄色人が持たざる罪の意識

遠藤周作のおすすめ小説『黄色い人』の内容がすぐ分かる。芥川賞受賞作『白い人』と対になる初期の代表作です。神の存在しない日本に罪の意識はない?作者が追求した日本人とキリスト教の隔たりとは。
散文のわだち

遠藤周作『白い人』あらすじ考察 サディズムとキリスト教の残酷な対立

遠藤周作のおすすめ小説『白い人』の内容がすぐ分かる。痛烈に社会のあり方を批判した芥川賞受賞作です。禁欲主義によってサディズムに目覚めた主人公が、キリストの虚偽を証明するために悪に身を投じたのには、複雑な理由があった!?徹底的に考察!
散文のわだち

遠藤周作の『海と毒薬』あらすじ考察 宗教なき日本人の同調圧力

遠藤周作のおすすめ小説『海と毒薬』の内容がすぐ分かる。深掘り考察によって徹底解説。実は知られていない『海と毒薬』の衝撃事実に驚愕!? キリスト教作家である遠藤周作が、信仰心が欠落した日本人の倫理観を斬り込む社会派小説。なぜ人々は人体実験に参加してしまったのか。日本人の心に神が存在すれば事実は変わったのだろうか。宗教なき日本人の同調圧力というテーマを考察。
タイトルとURLをコピーしました